この記事は広告を掲載しています

「きらら」に乗ろう!【料金・予約方法を解説】

関西の観光列車
叡山電車の観光列車「きらら」

叡山電車の観光列車「きらら」

叡山電車の観光列車「きらら」のきっぷ予約方法、料金、運転日、時刻表、お役立ち情報をご紹介。京都の紅葉、青もみじを「展望列車」から楽しむ旅はいかがでしょうか。

情報は、災害などの理由で変更の場合があります。公式ホームページもご確認ください。

列車の特徴・車内

車窓に広がる「京都の名物」

叡山電車の観光列車「きらら」は、眺望が自慢の「展望列車」。屋根側まで回り込んだ広い窓、窓側を向いた座席から、京都・鞍馬の名物である鮮やかな紅葉、目にまぶしい青もみじを楽しむことが可能です。

紅葉、青もみじのシーズンには車内の照明を消し、ライトアップされた「もみじのトンネル」を楽しむ列車として、「きらら」が運転されることもあります。

  • 「もみじのトンネル」は、市原駅と二ノ瀬駅のあいだにあり、シーズンには徐行運転も実施されます。
叡山電車の観光列車「きらら」車内

叡山電車の観光列車「きらら」車内

「きらら」新着ニュース

叡電「もみじのトンネル」ライトアップ 12月3日まで延長 紅葉遅く
照明を消して徐行運転 叡山電車が、「もみじのトンネル」ライトアップ期間を延長します。 「京の奥座敷・貴船もみじ灯篭」開催にあわせて、二ノ瀬~貴船口間の「もみじのトンネル」をライトアップした叡山電車。 ...
「もみじのトンネル」少人数で「紅葉ライトアップ特別列車」11月運転
2023年は「きらら」も登場 叡山電鉄が2023年10月26日(木)、「紅葉ライトアップ特別列車」について発表しました。 2023年11月3日(金・祝)から26日(日)に開催される「京の奥座敷・貴船も...
ビアホーム&ビアトレイン「八瀬えいでん《駅》地ビール祭り」8月開催
八瀬比叡山口駅で開催 叡山電車が2023年7月14日(金)、「八瀬えいでん《駅》地ビール祭り」について発表しました。 1925年(大正14年)の開業当時そのままの大屋根に覆われた八瀬比叡山口駅(京都市...

おもな運転区間

叡山電車の観光列車「きらら」は、おもに次の区間で運転されます。

「きらら」
出町柳(京都市左京区)~鞍馬(京都市左京区)、叡山本線・鞍馬線経由、走行距離12.6km
叡山電車の観光列車「きらら」運転区間(地理院地図を元に作成)

叡山電車の観光列車「きらら」運転区間(地理院地図を元に作成)

編成・座席表

叡山電車の観光列車「きらら」は、900系電車2両編成で運転されます。

  • 座席は各車両に29席あり、それぞれ中央付近の8席が窓側を向いています。
  • 「きらら」には、紅葉をイメージした赤い外観の編成と、青もみじをイメージした緑色の外観の編成、あわせて2種類があります。
観光列車「きらら」シートマップ(叡山電車公式サイトより引用)

観光列車「きらら」シートマップ(叡山電車公式サイトより引用)

「きらら」プチ情報

叡山電車の観光列車「きらら」に関する、役立つかもしれないプチ情報です。主観的な情報、変わりやすい情報が含まれるため、参考までにご覧ください。

  • 「もみじのトンネル」では、約250mの区間がおよそ280本のイロハモミジ、オオモミジで囲まれています。
  • 沿線の紅葉は、11月中旬から下旬に見ごろを迎えることが多いそうです。

「きらら」が走る地域には、鞍馬寺、貴船神社、比叡山、川床料理といった、さまざまな見どころ、美味しいものがあります。

京都の人気観光地・グルメ」も、ぜひチェックしてみてください。

天狗の伝説で知られる鞍馬

天狗の伝説で知られる鞍馬

きっぷの予約方法

叡山電車の観光列車「きらら」は、全車自由席です。予約不要で乗車できます。

ツアーで乗車

観光列車へ乗るには、「ツアーの利用」も検討の価値あり。面倒なきっぷの手配が不要で、おまかせで楽できるほか、お得な特別ツアーも用意されているからです。

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
観光列車から新幹線、寝台列車まで、お得&手軽に「鉄道の旅」を楽しめるツアーが多数。1名参加プラン限定プランもいろいろあります。
新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」のツアーが登場。「『36ぷらす3』『ふたつ星4047』西九州新幹線『かもめ』3つの列車でめぐる九州鉄道紀行 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

  • 上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。

通常のきっぷで乗車

「きらら」への乗車に必要なきっぷは、「乗車券(運賃)」です。

きっぷは、出町柳駅などのおもな駅で購入できるほか、「Suica」「PASMO」「ICOCA」といった交通系ICカードの利用、降車時の精算も行えます。

叡山電車の観光列車「きらら」

叡山電車の観光列車「きらら」

きっぷの料金

叡山電車の観光列車「きらら」に、通常のきっぷで片道乗車した場合の、大人1名あたりの料金です(税込み)。

出町柳~鞍馬
470円
鞍馬~八瀬比叡山口
470円
  • 子どもの料金は、大人の半額になります。

運転日・時刻表

叡山電車の観光列車「きらら」は基本的に、出町柳~鞍馬間の普通列車として、毎日運転されます。所要時間は、出町柳~鞍馬間で片道およそ30分です。

どの普通列車が「きらら」で運転されるかは、叡山電車のホームページで確認できます。