この記事は広告を掲載しています

「ろくもん」に乗ろう!【料金・予約方法を解説】

甲信越の観光列車
しなの鉄道の観光列車「ろくもん」

しなの鉄道の観光列車「ろくもん」

しなの鉄道の観光列車「ろくもん」のきっぷ予約方法、料金、運転日、時刻表、お役立ち情報をご紹介。信州の食材、ワイン、風景を味わう旅はいかがでしょうか。

情報は、災害などの理由で変更の場合があります。公式ホームページもご確認ください。

列車の特徴・車内

目と舌で信州を満喫

しなの鉄道の観光列車「ろくもん」は、長野県産の木材を活用した車内で、信州の食材を使った料理、信州ワインなどを提供。浅間山やリンゴ畑といった風景とあわせて、「信州の旅」を楽しめます。

「ろくもん」は、食事なし乗車だけのプラン、「日本三大車窓」の夜景を楽しむコースがあるのも特徴です。

  • 乗車のみプランでも、「ろくもん特製弁当」を予約し、車内で味わうことができます(飲み物の車内販売も実施)。
  • JR篠ノ井線の姨捨駅付近から見える善光寺平(長野盆地)は「日本三大車窓」とされており、その夜景を楽しむコースで「ろくもん」が運転される場合があります。
観光列車「ろくもん」食事メニューの一例

観光列車「ろくもん」食事メニューの一例

善光寺平(長野盆地)を一望できる姨捨駅

善光寺平(長野盆地)を一望できる姨捨駅

「ろくもん」新着ニュース

軽井沢・田中・戸倉駅停車中の「ろくもん」でワインフェスタ 10月開催
停車中の観光列車車内で 一般社団法人信州千曲観光局が2023年9月9日(土)、「ワインフェスタ in 観光列車『ろくもん』」について発表しました。 しなの鉄道の観光列車「ろくもん」の軽井沢駅、田中駅、...
「ろくもん」に軽めの料理付き「小昼コース」登場!「姨捨ナイト」はグレードアップ
長野県の方言が由来 しなの鉄道が2022年7月20日(水)、観光列車「ろくもん」の新コース発売と、一部プランのリニューアルについて発表しました。 新コース「小昼(おこびれ)コース」は、より手軽に「ろく...
「ろくもん」に乗ろう!【料金・予約方法を解説】
しなの鉄道の観光列車「ろくもん」のきっぷ予約方法、料金、運転日、時刻表、お役立ち情報をご紹介。信州の食材、ワイン、風景を味わう旅はいかがでしょうか。

おもな運転区間

しなの鉄道の観光列車「ろくもん」は、おもに次の区間で運転されます。

「ろくもん」洋食コース/和食コース
軽井沢(長野県北佐久郡軽井沢町)~長野(長野県長野市)、しなの鉄道線・JR篠ノ井線経由、走行距離74.4km
「ろくもん」姨捨ナイトクルーズ
軽井沢(長野県北佐久郡軽井沢町)~姨捨(長野県千曲市)~長野(長野県長野市)、しなの鉄道線・JR篠ノ井線経由、走行距離99.4km
しなの鉄道の観光列車「ろくもん」運転区間(地理院地図を元に作成)

しなの鉄道の観光列車「ろくもん」運転区間(地理院地図を元に作成)

編成・座席表

しなの鉄道の観光列車「ろくもん」は、115系電車3両編成で運転されます。

  • 1号車はファミリー、グループ向けの車両で、木のプールが設置されています。
  • 1号車、2号車にサービスカウンターがあり、飲み物やグッズなどを販売しています。
観光列車「ろくもん」シートマップ(しなの鉄道公式サイトより引用)

観光列車「ろくもん」シートマップ(しなの鉄道公式サイトより引用)

「ろくもん」プチ情報

しなの鉄道の観光列車「ろくもん」に関する、役立つかもしれないプチ情報です。主観的な情報、変わりやすい情報が含まれるため、参考までにご覧ください。

  • 水戸岡鋭治氏(ドーンデザイン研究所)が、車両のデザインを担当しています。
  • 「ろくもん」の名前は、沿線にゆかりがある真田氏の家紋「六文銭」に由来。外観も、真田信繁(幸村)の赤備えなどをイメージしています。
  • 上田駅付近では、真田家の居城だった上田城を車窓から見ることができます。
  • 小諸駅前には、四季の花と緑を楽しめる「停車場ガーデン」があり、コースによっては、客室乗務員が案内してくれます。
  • 「ろくもん」オリジナルパッケージの「みすゞ飴」を、1号車のサービスカウンターで販売。上田駅ホームで「みすゞ飴」を販売することもあります。
  • 戸倉駅から、作りたての戸倉上山田温泉名物「六文銭まんぢう」が販売されます。
  • 食事付きプランで乗車する場合、車内への飲食物持ち込みはできません(水やお茶、離乳食は除く)。

「ろくもん」が走る地域には、軽井沢、浅間山、上田城、戸倉上山田温泉、善光寺、信州そば、おやき、おしぼりうどんといった、さまざまな見どころ、美味しいものがあります。

長野の人気観光地・グルメ」も、ぜひチェックしてみてください。

しなの鉄道の観光列車「ろくもん」車内

しなの鉄道の観光列車「ろくもん」車内

きっぷの予約方法

しなの鉄道の観光列車「ろくもん」は、全車指定席のため、乗車には予約が必要です。

ツアーで予約

この観光列車へ乗るには、「ツアーの利用」も検討の価値あり。面倒なきっぷの手配が不要で、おまかせで楽できるほか、お得な特別ツアーも用意されているからです。

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
メニューから「ろくもん」で検索すると、「『TRAIN SUITE 四季島』のために整備されたラウンジ『更級の月』を貸切 観光列車『ろくもん』と日本遺産『月の都 千曲』を感じる信州千曲満喫 2日間」などが販売されています。
新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」のツアーが登場。「『36ぷらす3』『ふたつ星4047』西九州新幹線『かもめ』3つの列車でめぐる九州鉄道紀行 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

  • 上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。

通常のきっぷを予約

「ろくもん」のきっぷは、乗車、料理、ドリンクをセットにしたツアー形式の食事付きプランと、「乗車券(運賃)」と「指定席券」で利用できる乗車のみプランが販売されます。

予約は、食事付きプランは2か月前の1日午前10時00分から、乗車のみプランは乗車1か月前の同じ日の午前10時00分から、「ろくもん」ホームページなどで行うことが可能です。

  • 食事付きプラン、乗車のみプランとも、1人でも乗車できます。
  • 相席にはなりません(カウンター席を除く)。
  • 乗車のみプランは、1号車への乗車になります。
  • 姨捨ナイトクルーズに、乗車のみプランはありません。
  • 「Suica」「PASMO」「ICOCA」といった交通系ICカードを使うことはできません。
しなの鉄道の観光列車「ろくもん」

しなの鉄道の観光列車「ろくもん」

きっぷの料金

しなの鉄道の観光列車「ろくもん」のきっぷを、「ろくもん」ホームページから予約した場合の、大人1名あたりの料金です(税込み)。

洋食コース/和食コース
1万5800円(2024年4月1日運行分から1万8500円)
姨捨ナイトクルーズ
2万4800円
軽井沢~長野(乗車のみプラン)
2690円(乗車券1670円、指定席券1020円)
  • 食事付きプランに、子ども料金の設定はありません(大人と同じ料理を提供)。
  • 乗車のみプランの子どもの料金は、大人の半額になります。

運転日・時刻表

しなの鉄道の観光列車「ろくもん」は、金曜日、土曜日、日曜日、祝日を中心に運転されます。

  • 運転日や時刻表に、変更が出ている場合があります。公式ホームページもご確認ください。
  • このほかのコースで運転する場合があります。
  • 食事付きのプランでも、途中の停車駅で下車できます(予約時に要申告)。
「ろくもん」洋食コース 長野駅行き
軽井沢 10:30発 → 長野 12:37着
【2024年3月22日から】軽井沢 10:29発 → 長野 12:37着
中軽井沢、信濃追分、小諸、田中、上田、戸倉、屋代駅に停車
「ろくもん」和食コース 軽井沢駅行き
長野 13:36発 → 軽井沢 15:48着
【2024年3月22日から】長野 13:35発 → 軽井沢 15:48着
中軽井沢、信濃追分、小諸、田中、上田、戸倉、屋代駅に停車
「ろくもん」姨捨ナイトクルーズ 長野駅行き
軽井沢 14:50発 → 姨捨 → 長野 20:15着