本物の「SLの汽笛」で時報をお届け 「SL銀河」の蒸気機関車を使用

皆さまの「観光列車の乗車レビュー・クチコミ」を募集中です。楽しかった観光列車の思い出、多くの方々に伝えてみませんか?

レビュー・クチコミを投稿

列車の運転日、時刻、内容は、災害などで変更の場合があります。乗車の際は、鉄道会社の公式ホームページで情報をご確認ください。

かつての情景が復活

JR東日本が2022年6月29日(木)、「SLの汽笛による時報」を実施すると発表しました。

宮守川橋梁(めがね橋)を渡るJR東日本の観光列車「SL銀河」

宮守川橋梁(めがね橋)を渡るJR東日本の観光列車「SL銀河」

鉄道開業150周年を記念して、旧盛岡機関区時代に行っていた「SLの汽笛による時報」を、再び盛岡の地で実施。当時の情景を感じてもらうとともに、より鉄道を身近に感じてもらうことが目的といいます。

観光列車「SL銀河」の蒸気機関車、C58形239号機を使って行うもので、実施期間は2022年7月11日(月)から10月20日(木)の、「SL銀河」運行日以外。12時と17時に、JR東日本の盛岡車両センターにあるSL検修庫で、汽笛が響くそうです。