機関車を「夕日色」の車両に変更!観光列車「くしろ湿原ノロッコ号」

皆さまの「観光列車の乗車レビュー・クチコミ」を募集中です。楽しかった観光列車の思い出、多くの方々に伝えてみませんか?

レビュー・クチコミを投稿

列車の運転日、時刻、内容は、災害などで変更の場合があります。乗車の際は、鉄道会社の公式ホームページで情報をご確認ください。

「ノロッコ号」塗色の機関車検査で

JR北海道が2022年7月14日(木)、観光列車「くしろ湿原ノロッコ号」の機関車変更について発表しました。

けん引するDE10形ディーゼル機関車を、「ノロッコ号」の塗色になっている車両(DE10形1661号機)から、DE10形の標準的な塗色である朱色と白色、灰色の車両(DE10形1690号機)に変更するとのこと。「ノロッコ号」塗色の機関車検査が理由です。

機関車を変更する「くしろ湿原ノロッコ号」(JR北海道ニュースリリースより)

機関車を変更する「くしろ湿原ノロッコ号」(JR北海道ニュースリリースより)

対象列車は、「くしろ湿原ノロッコ号」の1号、2号、3号、4号、93号、94号と「夕日ノロッコ号」。期間は、8月18日(木)から9月22日(木)まで。運転区間や運転時刻、車内サービスなどに変更はありません。

JR北海道は「秋色に移り変わっていく初秋の時期に、夕日と同じ色の機関車で走る『くしろ湿原ノロッコ号』に乗って、雄大な釧路湿原に沈む夕日を眺めてみませんか」としています。