東武の新型特急N100系 愛称は「スペーシア X」2023年7月15日デビュー

皆さまの「観光列車の乗車レビュー・クチコミ」を募集中です。楽しかった観光列車の思い出、多くの方々に伝えてみませんか?

レビュー・クチコミを投稿

列車の運転日、時刻、内容は、災害などで変更の場合があります。乗車の際は、鉄道会社の公式ホームページで情報をご確認ください。

100系「スペーシア」の後継車両として

東武鉄道が2022年7月15日(金)、100系電車「スペーシア」の後継車両として導入する新型車両「N100系」について、愛称を「スペーシア X」にすると発表しました。

「スペーシア X」のイメージ(東武鉄道ニュースリリースより)

「スペーシア X」のイメージ(東武鉄道ニュースリリースより)

「スペーシア X」という愛称には、「新型車両による旅体験、利用者に提供するさまざまな価値、文化や人々の交わり、未知なる可能性を秘めた存在である」という意味が込められているそうです。

東武鉄道は2022年6月1日(水)から7月14日(木)まで、新型車両「N100系」の愛称が「スペーシア X」「プレミアムスペーシア」「グランスペーシア」「スペーシアルクス」のどれになるか、予想する企画も行っていました。

N100系「スペーシア X」は、2023年7月15日(土)に営業運転を開始する予定です。