夜行列車「さんりくあさかぜ号」9月に運転 三陸鉄道リアス線を縦断

皆さまの「観光列車の乗車レビュー・クチコミ」を募集中です。楽しかった観光列車の思い出、多くの方々に伝えてみませんか?

レビュー・クチコミを投稿

列車の運転日、時刻、内容は、災害などで変更の場合があります。乗車の際は、鉄道会社の公式ホームページで情報をご確認ください。

海が見える野田玉川駅で日の出時刻

三陸鉄道が2022年8月4日(金)、三陸縦断夜行列車「さんりくあさかぜ号」の運転について発表しました。

三陸鉄道リアス線163kmを夜通しで走破し、太平洋からの日の出を楽しむ人気企画といい、盛駅(岩手県大船渡市)を21時すぎに出発。野田玉川駅(岩手県九戸郡野田村)ホームで日の出時刻を迎えるそうです。

「さんりくあさかぜ号」パンフレット(三陸鉄道ニュースリリースより)

「さんりくあさかぜ号」パンフレット(三陸鉄道ニュースリリースより)

車内では「三陸鉄道お宝争奪じゃんけん大会」や、三陸鉄道OBの冨手氏によるお話といったイベントが開催されるほか、地元食材を使った夜食も用意されます。

運転は、2022年9月17日(土)の夜から9月18日(日)の朝にかけて。車両は36-100形と36-200形の2両編成で、4人用のボックスシートを2名で利用します。申し込みは2名単位です。

参加費は1人1万3000円。8月8日(月)の9時00分から、三陸鉄道旅客営業部へ電話で申し込みできます。