観光列車にも使う新型車両 JR北海道が導入 地域の特色をラッピング

列車の運転日、時刻、内容は、災害などで変更の場合があります。乗車の際は、鉄道会社の公式ホームページなどで情報をご確認ください。

普段は定期列車として使用

JR北海道が2022年9月14日(水)、観光列車にも使用するH100形ディーゼルカーについて発表しました。

観光列車にも使われるH100形車両のイメージ(JR北海道ニュースリリースより)

観光列車にも使われるH100形車両のイメージ(JR北海道ニュースリリースより)

H100形は、JR北海道が普通列車としてすでに使用していますが、2022年度以降、観光列車での使用も考えたタイプのH100形を導入するといいます。

外装は、北海道各地域の特色を生かしたラッピングを実施。2022年度は、釧網本線、花咲線のラッピングを施した車両が10月末に、その後に石北本線、富良野線のラッピングを施した車両が登場します。

観光列車にも使われるH100形車両のイメージ(JR北海道ニュースリリースより)

観光列車にも使われるH100形車両のイメージ(JR北海道ニュースリリースより)

そして2023年度は、室蘭本線、日高線、根室本線、宗谷本線のラッピングを施した4両が登場する予定とのこと。

車内は、タンチョウ、エゾマツといった北海道の自然、風景をイメージした絵柄を座席に採用。脱着式のテーブルには、北海道産のタモ材を使用します。

観光列車にも使われるH100形車両の車内イメージ(JR北海道ニュースリリースより)

観光列車にも使われるH100形車両の車内イメージ(JR北海道ニュースリリースより)

これら観光列車での使用も考えたH100形は普段、定期列車として新得~釧路間、旭川~名寄・上川間を運転。そしてしばしば、観光列車としても運転される形になります。

おすすめツアー(旅行商品)

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
観光列車から新幹線、寝台列車まで、お得&手軽に「鉄道の旅」を楽しめるツアーが多数。1名参加プラン限定プランもいろいろあります。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

新観光列車「SAKU美SAKU楽」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「SAKU美SAKU楽」「あをによし」のツアーが登場。「『SAKU美SAKU楽』『サンライズ瀬戸』『アート列車』で巡る瀬戸内 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。
観光列車ニュース
観光列車なび