JR西日本「特別な旅を創る新たな観光列車」2024年導入 季節ごとに運転エリア変更

列車の運転日、時刻、内容は、災害などで変更の場合があります。乗車の際は、鉄道会社の公式ホームページなどで情報をご確認ください。

3両編成でハイグレードな仕様に

JR西日本が2022年10月12日(水)、「特別な旅を創る新たな観光列車」の導入について発表しました。

JR西日本が導入する新観光列車(JR西日本ニュースリリースより)

JR西日本が導入する新観光列車(JR西日本ニュースリリースより)

今回、JR西日本が導入する新たな観光列車は、「季節ごとに、運行エリアを変えて、お客様と各地域を結び、地域のとっておきを発信する」列車とのこと。

2024年秋の「北陸デスティネーションキャンペーン」にあわせて運転を開始する予定で、まず第1弾は「敦賀から若狭・京都府北部を通り、城崎温泉までを結ぶ旅」として、小浜線、舞鶴線、京都丹後鉄道線、山陰本線で運転する計画といいます。

そして運転線区を変えて第2弾以降も、季節ごとに「西日本各地のとっておきに出会う旅」を提供するそうです。

JR西日本が導入する新観光列車の車内(JR西日本ニュースリリースより)

JR西日本が導入する新観光列車の車内(JR西日本ニュースリリースより)

車両は、キハ189系ディーゼルカーを改造(大阪~鳥取間を結んでいる特急「はまかぜ」に使われている車両)。

「地域の華(はな)を列車に集めて、お客様と地域の縁を結ぶ列車」をコンセプトに、次のような車両にするといいます。

  • 車体カラーは、紋付き染めで最高級とされる檳榔子染め(びんろうじぞめ)の色がベース。
  • どこを走っても沿線や駅舎に映えるデザイン。
  • ゆったりと過ごせる空間。
  • 定員は54席(3両編成)でハイグレードな仕様。
  • グリーン車以上の価格帯。
  • 乗客が歓談、地域の人々によるイベントを楽しめる「フリースペース」を用意。
JR西日本が導入する新観光列車の車内(JR西日本ニュースリリースより)

JR西日本が導入する新観光列車の車内(JR西日本ニュースリリースより)

JR西日本が導入する新観光列車の車内フリースペース(JR西日本ニュースリリースより)

JR西日本が導入する新観光列車の車内フリースペース(JR西日本ニュースリリースより)

車両のデザインは、JR西日本の観光列車「WEST EXPRESS 銀河」を手がけた川西康之氏(株式会社イチバンセン)が担当。

JR西日本は「この観光列車の特別な旅をきっかけに、お客様がリピーターとなって、その地域を訪問していただくことで、各地でにぎわい創出の好循環を作ってまいります」としており、列車名などの詳細は今後、発表するそうです。

おすすめツアー(旅行商品)

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
観光列車から新幹線、寝台列車まで、お得&手軽に「鉄道の旅」を楽しめるツアーが多数。1名参加プラン限定プランもいろいろあります。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

新観光列車「SAKU美SAKU楽」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「SAKU美SAKU楽」「あをによし」のツアーが登場。「『SAKU美SAKU楽』『サンライズ瀬戸』『アート列車』で巡る瀬戸内 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。
観光列車ニュース
観光列車なび