この記事は広告を掲載しています

「花嫁のれん」2023年春メニュー発表 和軽食・ほろよい・スイーツの3種

観光列車ニュース

沿線地域の季節ごとの味を提供

JR西日本が2023年2月24日(金)、観光列車「花嫁のれん」における食のサービスを一部変更すると発表しました。

沿線地域の季節ごとの魅力を乗客に感じてもらい、乗車のたびに新たな発見のある観光列車とするため、「和軽食セット」「ほろよいセット」「スイーツセット」を春メニューに変更するものです。

JR西日本の観光列車「花嫁のれん」

JR西日本の観光列車「花嫁のれん」

このたび登場する春メニューは、次の通り。「スイーツセット」は3月25日(土)から、そのほかは4月1日(土)から提供されます。

和軽食セット

天保元年創業という金沢の老舗料亭「大友楼」監修・製造による、沿線地域の季節ならではの食材、料理を織り交ぜたオリジナルセレクトメニューです。価格は2900円。「花嫁のれん」の2号で味わえます。

  • 口取り(厚焼玉子、サワラ西京焼、はじかみ、季節の蒲鉾、どじょう蒲焼、鯛の唐蒸し)
  • 揚げ物(能登豚野菜巻揚、イカ天、プチトマト、レモン)
  • 治部煮(鶏肉、すだれ麩、生麩、椎茸、法蓮草、山葵添え)
  • 漬け物(桜漬、奈良漬)
  • 御飯(笹すし、レモン、木の芽、季節の御飯〈桜御飯〉)
  • 御菓子(季節のお菓子〈桜花餅〉、笹麩)
  • ソフトドリンク(加賀棒茶)
「花嫁のれん」2023年春メニュー「和軽食セット」(画像:JR西日本)

「花嫁のれん」2023年春メニュー「和軽食セット」(画像:JR西日本)

ほろよいセット

「和軽食セット」と同様に「大友楼」が監修・製造する、沿線地域の季節ならではの食材、料理を織り交ぜたオリジナルセレクトメニューです。価格は2300円。「花嫁のれん」の4号で味わえます。

  • 口取り(厚焼玉子、サワラ西京焼、はじかみ、季節の蒲鉾、どじょう蒲焼、菜の花おひたし、千切り人参、能登牛時雨煮、グリンピース)
  • 揚げ物(能登豚野菜巻揚)
  • 治部煮(鶏肉、すだれ麩、生麩、椎茸、法蓮草、山葵添え)
  • 酢の物(中華山菜イカ、花れんこん)
  • 治部煮(鶏肉、すだれ麩、金時草麩、生麩、椎茸、法蓮草、山葵添え)
  • 御菓子(季節のお菓子〈桜花餅〉)
  • 日本酒(宗玄 純米吟醸)
  • ソフトドリンク(加賀棒茶)
「花嫁のれん」2023年春メニュー「ほろよいセット」(画像:JR西日本)

「花嫁のれん」2023年春メニュー「ほろよいセット」(画像:JR西日本)

スイーツセット

世界的に活躍するパティシエ、辻口博啓氏監修のスイーツです。今回の春メニューの「リ ルージュ」は、ライスミルクとライチ風味のムースにフリュイルージュ(赤い果実)とベルガモットのジュレを合わせた爽やかな風味のケーキとのこと。価格は2000円。「花嫁のれん」の1号と3号で味わえます。

  • 生菓子 リ ルージュ
  • 焼菓子 サブレブール(いちご・玄米・カカオ)、能登金時バウム、大麦バウム
  • ソフトドリンク(オリジナルブレンドコーヒーまたは加賀棒茶)
「花嫁のれん」2023年春メニュー「スイーツセット」(画像:JR西日本)

「花嫁のれん」2023年春メニュー「スイーツセット」(画像:JR西日本)

食事券の販売方法も変更

「花嫁のれん」でこれら食のサービスを利用する場合は、乗車券、特急券のほか、乗車4日前までに食事券を購入する必要があります。

また食事券は、3月31日(金)分まではJR駅の「みどりの窓口」などでの販売ですが、4月1日(土)分以降は、JR西日本のインターネットサービス「tabiwa by WESTER」での販売になります。

おすすめ「観光列車」ツアー

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
観光列車から新幹線、寝台列車まで、お得&手軽に「鉄道の旅」を楽しめるツアーが多数。1名参加プラン限定プランもいろいろあります。
新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」のツアーが登場。「『36ぷらす3』『ふたつ星4047』西九州新幹線『かもめ』3つの列車でめぐる九州鉄道紀行 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。
観光列車なび