この記事は広告を掲載しています

巫女の神社案内も再開「リゾートビューふるさと・諏訪湖」23年春のおもてなし

観光列車ニュース

長野県を走る観光列車

JR東日本の長野支社が2023年3月3日(金)、観光列車「リゾートビューふるさと」「リゾートビュー諏訪湖」のおもてなしについて発表しました。

長野~南小谷間で運転される「リゾートビューふるさと」では2023年、約3年ぶりに穂高駅(長野県安曇野市)でのおもてなしを実施。土休日を中心に、巫女や地元ボランティアガイドによる穂高神社への参拝案内を行います。

また信濃大町駅(長野県大町市)では、ホームに設置された記念撮影ポイント「写交場」で、北アルプスや黒部ダムの写真を背景に記念撮影できるほか、車内では土休日を中心に、郷土の芸能や民話の語りなどのイベントを楽しめるそうです。

姨捨駅に停車するJR東日本の観光列車「リゾートビューふるさと」

姨捨駅に停車するJR東日本の観光列車「リゾートビューふるさと」

長野~富士見間で運転される「リゾートビュー諏訪湖」では、上諏訪駅(長野県諏訪市)での商品購入時にオリジナル缶バッジがもらえる引換券が用意されるほか、富士見駅(長野県諏訪郡富士見町)ではキッチンカーや地元特産品を販売するブースが出店し、「富士見駅前マルシェ」を開催するとのこと。

JR東日本の長野支社は、「日本三大車窓のひとつに数えられる姨捨からの善光寺平の景色に加え、『リゾートビューふるさと』では雄大な北アルプスの山々を、『リゾートビュー諏訪湖』では長野県の湖第一位の面積を誇る諏訪湖をご覧いただけます。是非この機会にご乗車いただき、春の列車旅をお楽しみください」としています。

おすすめ「観光列車」ツアー

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
観光列車から新幹線、寝台列車まで、お得&手軽に「鉄道の旅」を楽しめるツアーが多数。1名参加プラン限定プランもいろいろあります。
新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」のツアーが登場。「『36ぷらす3』『ふたつ星4047』西九州新幹線『かもめ』3つの列車でめぐる九州鉄道紀行 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。
観光列車なび