この記事は広告を掲載しています

浅草駅と東武日光駅をつながるように改装「スペーシア X」登場にあわせ

観光列車ニュース

東武社有林の間伐材など利用

東武鉄道が2023年6月7日(水)、新型特急「スペーシア X」の運転開始にあわせて、浅草駅(東京都台東区)と東武日光駅(栃木県日光市)が生まれ変わると発表しました。

「つなぐ」をコンセプトに、2023年3月から進められていた両駅のリニューアル工事。「スペーシア X」に乗る前から降りたあとまでの空間につながりを持たせ、「スペーシア X」での旅行への期待感、日光体験の余韻を、浅草駅や東武日光駅で感じることができるといいます。

生まれ変わった浅草駅5番ホームのイメージ(画像:東武鉄道)

生まれ変わった浅草駅5番ホームのイメージ(画像:東武鉄道)

生まれ変わった浅草駅5番ホームのイメージ(画像:東武鉄道)

生まれ変わった浅草駅5番ホームのイメージ(画像:東武鉄道)

浅草駅では、「スペーシア X」の発車番線となる5番ホームやコンコースにおいて、日光の自然や荘厳さを感じさせる木目調の装飾と、光の演出を多用したデザインを採用。

そして東武日光駅では、改札外コンコースの吹き抜け部分に、日光東照宮の豪華絢爛さを表現した真鍮風の装飾や木目調の装飾を実施。これらによって両駅がつながり、統一感のある空間を演出しているといいます。

生まれ変わった東武日光駅吹き抜けのイメージ(画像:東武鉄道)

生まれ変わった東武日光駅吹き抜けのイメージ(画像:東武鉄道)

生まれ変わった東武日光駅待合室のイメージ(画像:東武鉄道)

生まれ変わった東武日光駅待合室のイメージ(画像:東武鉄道)

また今回のリニューアルでは、東武鉄道の社有山林の間伐材や、栃木県産の大谷石、芦野石を両駅構内の内装やベンチで使用。東武鉄道は、今後も駅舎リニューアルの際に間伐材や地域産材を積極的に使用することで、環境保全や沿線地域の文化の発信を目指していくそうです。

おすすめ「観光列車」ツアー

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
観光列車から新幹線、寝台列車まで、お得&手軽に「鉄道の旅」を楽しめるツアーが多数。1名参加プラン限定プランもいろいろあります。
新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」のツアーが登場。「『36ぷらす3』『ふたつ星4047』西九州新幹線『かもめ』3つの列車でめぐる九州鉄道紀行 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。
観光列車なび