この記事は広告を掲載しています

大阪モノレール「空高く走る島根県観光列車」7月運転 島根の酒・食を用意

観光列車ニュース

「石見神楽」公演も開催

大阪モノレールが2023年6月15日(木)、「空高く走る島根県観光列車」の開催について発表しました。

空高くを走るモノレールに乗って、島根県の地酒、地ビールと、島根県産のアナゴ、有機野菜をたっぷり使った特製弁当を楽しもう、というもの。

お酒は、池月酒造「誉池月」、板倉酒造「天隠」、ファーマーズブリュワリー穂波「穂波ゴールデン」など、1人3合程度を用意。飲食物の持ち込みは自由です。

「空高く走る島根県観光列車」(画像:大阪モノレール)

「空高く走る島根県観光列車」(画像:大阪モノレール)

当日は石見神楽の聖地から恵比須が福飴を持って挨拶をするほか、車内アナウンスで島根県の紹介、眺望ポイントでの一時停車を行うとのこと。

また先着30人限定で、当日、万博記念公園駅の特設ステージで行われる島根県の伝統芸能「石見神楽」の公演チケットを、500円引きの1500円で購入できます。

「空高く走る島根県観光列車」の開催日は7月9日(日)で、モノレールの運転区間は、万博記念公園駅から門真市駅、大阪空港駅、そして万博記念公園駅。午後に第一便、夜に第二便が運行され、定員はそれぞれ130人。旅行代金は1人6000円です。

おすすめ「観光列車」ツアー

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
観光列車から新幹線、寝台列車まで、お得&手軽に「鉄道の旅」を楽しめるツアーが多数。1名参加プラン限定プランもいろいろあります。
新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」のツアーが登場。「『36ぷらす3』『ふたつ星4047』西九州新幹線『かもめ』3つの列車でめぐる九州鉄道紀行 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。
観光列車なび