この記事は広告を掲載しています

人気の「昭和の日常」客車普通列車 7月に増発 今度は土日も 大井川鐵道

観光列車ニュース

昭和の日常は令和の非日常

大井川鐵道が2023年6月20日(火)、客車普通列車(客レ)の運転日を追加すると発表しました。

「昭和の日常を追体験できる令和の非日常」をコンセプトに、6月20日(火)から日にち限定で、通常の普通列車の一部を、昭和の古い客車、電気機関車による運転にした大井川鐵道。

これが鉄道ファン、またそれ以外の人からも「昭和に会える列車」「昭和を体験できる列車」と話題になっていることから、7月に13日間、運転日を追加するそうです。

客車普通列車のイメージ(画像:大井川鐵道)

客車普通列車のイメージ(画像:大井川鐵道)

追加の運転日は、7月1日(土)から13日(木)まで。今回は土曜日、日曜日も含まれます。運転時刻などは、発表済みである6月中の運転日と同じ。車内販売も行われます。

また7月の追加運転日は、2022年に発売された「ひと駅きっぷ」の再発売、客車への列車行先版(サボ)取り付けを行うそうです。

おすすめ「観光列車」ツアー

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
観光列車から新幹線、寝台列車まで、お得&手軽に「鉄道の旅」を楽しめるツアーが多数。1名参加プラン限定プランもいろいろあります。
新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」のツアーが登場。「『36ぷらす3』『ふたつ星4047』西九州新幹線『かもめ』3つの列車でめぐる九州鉄道紀行 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。
観光列車なび