この記事は広告を掲載しています

リニューアル前の最終運転「ありがとう リゾートあすなろ号」ツアー発売

観光列車ニュース

デビュー当初のコースを再現

JR東日本の盛岡支社、JR東日本びゅうツーリズム&セールスが2023年6月30日(金)、「ありがとう リゾートあすなろ号」の運転について、発表しました。

2010年(平成22年)12月、東北新幹線が新青森駅まで開業したのにあわせて運行を開始した観光列車「リゾートあすなろ」は、2023年度冬ごろから青森県・岩手県を運行する「ひなび(陽旅)」、2024年春ごろから宮城県・福島県・山形県を中心に運行する「SATONO(さとの)」へ、リニューアルされます。

そこで感謝の気持ちを込め、車両リニューアル前の最終運行として、「リゾートあすなろ」デビュー当初のコースを再現したツアー専用列車(団体列車)「ありがとう リゾートあすなろ号」を運転するそうです。

JR東日本の観光列車「リゾートあすなろ」

JR東日本の観光列車「リゾートあすなろ」

「ありがとう リゾートあすなろ号」八戸駅行き
新青森駅10時17分発 → 蟹田駅10時56分着/11時20分発 → 青森駅11時58分着/13時30分発 → 大湊駅15時10分着/16時01分発 → 八戸駅17時53分着
2023年8月:20日運転
ツアー専用列車(団体列車)として運転

「ありがとう リゾートあすなろ号」は、HB-E300系「リゾートあすなろ」車両2両での運転。乗車記念特典として、オリジナル記念グッズ(記念乗車証とモバイルリングホルダ―)がプレゼントされる予定です。

また「ありがとう リゾートあすなろ号」運転にあたって、オリジナルロゴを制作。「リゾートあすなろ」車両のカラーリングをベースに、「リゾートあすなろ」の利用促進を目的として就任した観光駅長「津軽蟹夫」と、大湊線の魅力を伝えるナビゲーター「むつワンくん」が描かれており、オリジナル記念グッズにも使用されるとのこと。

「ありがとう リゾートあすなろ号」オリジナルロゴ(画像:JR東日本)

「ありがとう リゾートあすなろ号」オリジナルロゴ(画像:JR東日本)

料金・申し込み方法

「ありがとう リゾートあすなろ号」への乗車には、JR東日本びゅうツーリズム&セールス「日本の旅、鉄道の旅」で7月3日(月)午前10時00分より発売するツアーの購入が必要。

ツアーは2種類です。「【現地発着】デビュー当初のルートを走る『ありがとう リゾートあすなろ』号乗車の旅」は、大人1万9800円、子ども1万7800円。「【東京駅発着】デビュー当初のルートを走る『ありがとう リゾートあすなろ』号乗車 小型で丸みを帯びた外観が特徴のレールバスと旧国鉄キハ1045見学」は大人5万8800円、子ども4万3800円です(2名1室の場合)。

おすすめ「観光列車」ツアー

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
観光列車から新幹線、寝台列車まで、お得&手軽に「鉄道の旅」を楽しめるツアーが多数。1名参加プラン限定プランもいろいろあります。
新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」のツアーが登場。「『36ぷらす3』『ふたつ星4047』西九州新幹線『かもめ』3つの列車でめぐる九州鉄道紀行 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。
観光列車なび