この記事は広告を掲載しています

運転終了迫る「いさぶろう・しんぺい」九州鉄道記念館ツアー 特別体験も

観光列車ニュース

20周年の「九州鉄道記念館」

JR九州が2023年7月4日(火)、観光列車「いさぶろう・しんぺい」へ乗車する「九州鉄道記念館」開業20周年記念ツアーについて発表しました。

2003年(平成15年)8月9日に開業し、今年で20周年を迎える「九州鉄道記念館」。そのオープニングセレモニー開催にあわせて実施される、JR九州オリジナルツアーといいます。

なお「いさぶろう・しんぺい」は、まもなく新しい観光列車へ生まれ変わり、2024年春から、博多~由布院~別府間で運転を開始する予定です。

JR九州の観光列車「いさぶろう・しんぺい」

JR九州の観光列車「いさぶろう・しんぺい」

選べる3つの鉄道体験

この「特急いさぶろう・しんぺいに乗車!九州鉄道記念館開業20周年記念ツアー」では、博多~門司港間で「いさぶろう・しんぺい」に乗車し、「九州鉄道記念館」のオープニングセレモニーを見ることができるほか、次の3コースから選択し、鉄道にまつわる特別な体験を楽しめます。

Aコース「門司港駅の駅長&駅員がご案内!門司港駅バックステージツアー」約90分
門司港駅の駅長室、運転控室などを、門司港駅長と門司港駅員が案内。「みどりの窓口」でのきっぷの発券体験も楽しむことが可能。
Bコース「特急いさぶろう・しんぺい車内での車掌体験」約60分
現役車掌が「車内放送体験」「車内でのきっぷ発券体験」「ドアの開閉体験」を案内。
Cコース「九州鉄道記念館宇都宮副館長がご案内!九州鉄道記念館特別ツアー」約60分
鉄道写真家でもある「九州鉄道記念館」の宇都宮照信副館長が、鉄道について解説しながら同館を案内。保管されているヘッドマークの撮影、北九州銀行レトロライン「潮風号」乗車も可能。
「九州鉄道記念館開業20周年記念ツアー」概要(画像:JR九州)

「九州鉄道記念館開業20周年記念ツアー」概要(画像:JR九州)

このほか、「いさぶろう・しんぺい」が「九州鉄道記念館」横の門司港駅電留1番線に到着、出発するという特別な体験、JR九州オリジナルグッズ(当日の運転士用時刻表レプリカ・車掌用時刻表レプリカなど)販売も実施。

ツアーは7月30日(日)に日帰りでの開催で、旅行代金は大人1万2000円、子ども7000円(「焼肉ヌルボン」弁当付き)。募集人数は、各コース合わせて55名です。申し込みは、7月5日(水)午前9時30分より、インターネットで行えます。

おすすめ「観光列車」ツアー

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
観光列車から新幹線、寝台列車まで、お得&手軽に「鉄道の旅」を楽しめるツアーが多数。1名参加プラン限定プランもいろいろあります。
新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」のツアーが登場。「『36ぷらす3』『ふたつ星4047』西九州新幹線『かもめ』3つの列車でめぐる九州鉄道紀行 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。
観光列車なび