この記事は広告を掲載しています

橋の途中に「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」停めて筑後川花火大会 8月開催

観光列車ニュース

筑後川橋梁上で停車

西日本鉄道が2023年7月13日(木)、観光列車「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」で、今年も「筑後川花火大会特別コース」を運行すると発表しました。

西日本最大級という筑後川花火大会にあわせて列車を運転し、花火会場から約2kmの距離にある西鉄天神大牟田線の筑後川橋梁上で停車。快適な車内で趣向を凝らした料理を味わいながら、迫力満点の花火を楽しもう、というものです。2022年に初めて運行し、満席御礼になるなど好評だったといいます。

また、このコースに浴衣もしくは甚平を着て乗車すると、オリジナルグッズをプレゼントするとのこと。

「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」の停車場所(画像:西鉄)

「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」の停車場所(画像:西鉄)

夏限定のお酒もフリーで提供

「筑後川花火大会特別コース」では、通常のコース料理(夏メニュー)にくわえ、普段の「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」では提供していない生ビールや、夏限定の日本酒(「杜の蔵 純米大吟醸 颯〈かぜ〉」〈杜の蔵・久留米〉、「三井の寿 夏純吟 チカーラ」〈みいの寿・大刀洗〉)、ブルゴーニュ産ワイン、ボルドー産ワインも、フリードリンクで提供されます。

コース料理(夏メニュー)の詳細は、次の通りです。このほかにウェルカムドリンク、アフタードリンク(コーヒー)、パンが含まれます。

前菜のプレート
トマトのサラダ、玉ねぎのオーブン焼き、ブロッコリーとラディッシュ、エストラゴンのクリーム、サーモンキャビア、鯵となす、バルサミコのヴィネグレット、トマトのジュレ、赤崎牛すね肉しぐれ煮、燻製じゃが芋ピュレ、堀江銘茶園おくみどり抹茶といんげんの冷たい卵豆腐
魚のプレート
鮃と細切り野菜と冷汁だれ
肉のプレート
豚肩ロースのジェノベーゼ ナポレターナ
デザート
ココナッツのパンナコッタ メロンのスープ バニラのエスプーマ
「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」夏メニュー(画像:西鉄)

「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」夏メニュー(画像:西鉄)

料金・申し込み方法

「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」を使った「筑後川花火大会特別コース」の運行日は、2023年8月27日(日)。西鉄福岡(天神)駅を18時11分に出発し、花畑駅(福岡県久留米市)で折り返して、西鉄福岡(天神)駅へ21時03分に戻ります。筑後川花火大会が中止になった場合でも運行するとのこと(その場合は乗客全員にオリジナルグッズをプレゼント)。

料金は、1人1万5000円(税込)。運賃、コースの食事代、フリードリンク代、サービス料金、バリアフリー料金が含まれます。

申し込みは7月15日(土)午前11時00分より、「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」のホームページで行えます。

おすすめ「観光列車」ツアー

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
観光列車から新幹線、寝台列車まで、お得&手軽に「鉄道の旅」を楽しめるツアーが多数。1名参加プラン限定プランもいろいろあります。
新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」のツアーが登場。「『36ぷらす3』『ふたつ星4047』西九州新幹線『かもめ』3つの列車でめぐる九州鉄道紀行 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。
観光列車なび