この記事は広告を掲載しています

「いさぶろう・しんぺい」久大線で8月運転 博多駅発着の日帰りツアー

観光列車ニュース

途中駅でおもてなしも

JR九州が2023年7月26日(水)、観光列車「いさぶろう・しんぺい」を使ったツアー「D&S列車『いさぶろう・しんぺい』で行く!ゆふいんへの旅」について、発表しました。

雄大な自然をはじめとする久大本線沿線の魅力発信と、2024年4~6月にかけて開催する「福岡・大分デスティネーションキャンペーン(福岡・大分DC)」に向けた機運醸成を目的に、開催されるものです。

「D&S列車『いさぶろう・しんぺい』で行く!ゆふいんへの旅」(画像:JR九州)

「D&S列車『いさぶろう・しんぺい』で行く!ゆふいんへの旅」(画像:JR九州)

出発日は2023年8月26日(土)の日帰りで、博多駅を8時25分に出発。由布院駅まで往復して、博多駅へ17時08分に戻ります。由布院駅では約2時間の滞在。ツアーのポイントは次のとおりです。

  • 「いさぶろう・しんぺい」が、博多~由布院間を特別運転。
  • 車内では、JR九州の客室乗務員がおもてなし(車内販売など)。
  • 地元の新鮮な食材を使った昼食を用意(昼食なしのコースもあり)。
  • 復路の豊後森駅では、豊後森機関庫公園などを楽しめる時間を用意。
  • 復路の筑後吉井駅、田主丸駅では、地元の人々によるおもてなし(物販など)。

旅行代金は、昼食付きが大人1万4000円、子ども1万500円、昼食無しが大人1万2500円、子ども9000円。申し込みは、2023年7月27日(木)午前9時30分から、「STORES予約」で行なえます。

なお、博多駅のほか鳥栖駅、久留米駅からの参加も可能です(旅行代金は同じ)。

おすすめ「観光列車」ツアー

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
観光列車から新幹線、寝台列車まで、お得&手軽に「鉄道の旅」を楽しめるツアーが多数。1名参加プラン限定プランもいろいろあります。
新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」のツアーが登場。「『36ぷらす3』『ふたつ星4047』西九州新幹線『かもめ』3つの列車でめぐる九州鉄道紀行 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。
観光列車なび