この記事は広告を掲載しています

人気の観光列車はどれ? お盆期間中の指定席予約状況を発表 JR九州

観光列車ニュース

「SL人吉」はほぼ満席

JR九州が2023年7月27日(木)、「D&S列車(観光列車)」などのお盆期間における指定席予約状況(7月26日時点)について発表しました。

2023年8月10日(木)から17日(木)まで、JR九州は新幹線と在来線をあわせて43.2万席の指定席を用意。期間中、予約されている席数は対前年で151.2%、対2018年で79.8%といいます。

JR九州の観光列車「ゆふいんの森(III世)」

JR九州の観光列車「ゆふいんの森(III世)」

「D&S列車(観光列車)」の指定席予約状況は、次のとおりです。

ゆふいんの森
予約率46.8%(2022年は25.6%、2018年は42.8%)
A列車で行こう
予約率15.0%(2022年は15.2%、2018年は31.8%)
SL人吉
予約率93.9%(2022年は26.7%、2018年は85.2% ※2018年は熊本~人吉間で運転)
かわせみ やませみ
予約率34.7%(2022年は17.4%、2018年は42.0% ※2022年は門司港~博多間で運転、2018年は熊本~人吉間で運転)
あそぼーい!
予約率69.8%(2022年は43.2%、2018年は47.9% ※2018年は阿蘇~別府・大分間で運転)
指宿のたまて箱
予約率30.9%(2022年は24.6%、2018年は53.1%)
海幸山幸
予約率23.4%(2022年は49.3%、2018年は41.7%)
ふたつ星4047
予約率70.3%(2022年9月23日運転開始)

JR九州によると、お盆期間中は下りが8月11日(金)、上りが8月16日(水)に、最も予約が多いとのこと(観光列車以外を含む)。ただ、まだまだ余裕があるため、「確実に座れる指定席をお早めにお申し込みください」としています。

おすすめ「観光列車」ツアー

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
観光列車から新幹線、寝台列車まで、お得&手軽に「鉄道の旅」を楽しめるツアーが多数。1名参加プラン限定プランもいろいろあります。
新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」のツアーが登場。「『36ぷらす3』『ふたつ星4047』西九州新幹線『かもめ』3つの列車でめぐる九州鉄道紀行 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。
観光列車なび