この記事は広告を掲載しています

常磐線「地酒列車」9月運転 6酒造の名酒と特製おつまみを車内で

観光列車ニュース

好評だった「地酒列車」

JR東日本の水戸支社が2023年8月24日(木)、これまで水戸線や水郡線で運行し、好評だった「地酒列車」を、常磐線でも運転すると発表しました。

運転区間は、水戸駅(茨城県水戸市)といわき駅(福島県いわき市)のあいだ。茨城県と福島県の6酒蔵が会し、蔵元おすすめの名酒をテーマに、車内で地酒6種類の飲み比べが楽しめます。

参加酒造は浦里酒造店(つくば市)、木内酒造(那珂市)、椎名酒造店(日立市)、月の井酒造店(大洗町)、愛友酒造(潮来市)、太平桜酒造(いわき市)。車内では蔵人との交流、地酒と一緒に特製おつまみセットも堪能できるそうです。

常磐線「地酒列車」で提供される地酒のイメージ(画像:JR東日本)

常磐線「地酒列車」で提供される地酒のイメージ(画像:JR東日本)

運転日・時刻表

この常磐線「地酒列車」は、ツアー専用列車(団体列車)としての運転です。E501系電車の車内にテーブルを取り付け、運転されます。

「地酒列車」いわき駅行き
水戸駅10時43分発 → いわき駅12時22分着
ツアー専用列車(団体列車)として運転
2023年09月:17日運転
「地酒列車」水戸駅行き
いわき駅14時30分発 → 水戸駅17時09分着
ツアー専用列車(団体列車)として運転
2023年09月:17日運転
常磐線「地酒列車」行程(画像:JR東日本)

常磐線「地酒列車」行程(画像:JR東日本)

料金・予約方法

この常磐線「地酒列車」への乗車には、「地酒と沿線の食を楽しむ旅『常磐線 地酒列車』」ツアーの購入が必要。水戸駅発いわき駅着のコース、いわき駅発水戸駅着のコースが用意されます(両方の乗車も可能)。

料金は、各コースとも大人1人6500円。参加できるのは20歳以上です。

申し込みは、2023年8月30日(水)12時00分より、JR東日本のインターネットショッピングモール「JRE MALL」の「JR東日本 水戸支社店」で行えます。

おすすめ「観光列車」ツアー

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
観光列車から新幹線、寝台列車まで、お得&手軽に「鉄道の旅」を楽しめるツアーが多数。1名参加プラン限定プランもいろいろあります。
新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」のツアーが登場。「『36ぷらす3』『ふたつ星4047』西九州新幹線『かもめ』3つの列車でめぐる九州鉄道紀行 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。
観光列車なび