この記事は広告を掲載しています

「夕陽ノロッコ号」・釧路湿原駅長時間停車の詳細発表 限定プリン

観光列車ニュース

新しい試みが行われる「くしろ湿原ノロッコ号

JR北海道の釧路支社が2023年8月30日(水)、観光列車「夕陽ノロッコ号」でのおもてなしと、釧路湿原駅での長時間停車について発表しました。

「夕陽ノロッコ号」で使用されるサボ(画像:JR北海道)

「夕陽ノロッコ号」で使用されるサボ(画像:JR北海道)

夕陽ノロッコ号

2023年は、9月にくわえて10月にも運転される「夕陽ノロッコ号」では、次の取り組みが実施されます。

特別なヘッドマーク・サボ
オリジナルデザインのヘッドマーク、側面行先標(サボ)を使用し、夕陽色にちなんで朱色のディーゼル機関車で牽引。
「夕陽ノロッコ号」だけの記念品
上り列車と下り列車で異なるデザインの乗車証明書を、乗客にプレゼント。「夕陽ノロッコ号」運転日だけの乗車記念スタンプも用意。
限定プリン
2号車の販売カウンターに「夕陽ノロッコ号」限定の「ノロッコ号プリン」を数量限定で用意。「夕陽色に彩られた『ノロッコ号プリン』をぜひお楽しみください」とのこと。通常の「ノロッコ号プリン」も販売。
夕日グッズ
販売カウンターの隣で、過去の「世界三大夕日の街 釧路フォトコンテスト」応募作品をプリントしたポストカードなどの夕日グッズを販売。
フォトコンテスト受賞作品
釧路駅コンコースに、「世界三大夕日の街 釧路フォトコンテスト」の受賞作品を展示(過去の作品を含む)。9月16日(土)から10月15日(日)まで。
標茶町の人々によるおもてなし
塘路駅で、ご当地キャラクター「ミルクックさん」「ハッピーくろべぇ」による出迎え。ノベルティの配布も(9月の運転日のみ実施)。
「釧路夕日ハイボール」サービス
「夕陽ノロッコ号」運転日に、対象店舗でその乗車証明書を提示すると(片道分でも可)、「釧路夕日ハイボール」を1杯サービス。

釧路湿原駅での長時間停車

2023年は、10月8日(日)、9日(月・祝)に運転される釧路駅行きの「くしろ湿原ノロッコ91号」で、釧路湿原駅(北海道釧路郡釧路町)での長時間停車を実施。

このとき釧路湿原駅では、釧路町のご当地キャラクター「ガッホくん」による出迎え、ノベルティ配布、細岡ビジターズラウンジでのコーヒー割引券プレゼントといったおもてなしが行われます。

おすすめ「観光列車」ツアー

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
観光列車から新幹線、寝台列車まで、お得&手軽に「鉄道の旅」を楽しめるツアーが多数。1名参加プラン限定プランもいろいろあります。
新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」のツアーが登場。「『36ぷらす3』『ふたつ星4047』西九州新幹線『かもめ』3つの列車でめぐる九州鉄道紀行 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。
観光列車なび