この記事は広告を掲載しています

まもなく「ふたつ星4047」運転開始1周年 記念出発式を開催 記念手旗も

観光列車ニュース

西九州新幹線開業にあわせて誕生

JR九州が2023年9月1日(金)、観光列車「ふたつ星4047」の運転開始1周年を記念して、出発式を実施すると発表しました。

西九州新幹線の開業にあわせて、2022年9月23日(金・祝)に運転を開始した「ふたつ星4047」。それからの1年間で約3万4000人に、停車駅での心温まるおもてなし、有明海、大村湾などの変化に富んだ海景を堪能してもらったといいます。

有明海に面した小長井駅に停車するJR九州の観光列車「ふたつ星4047」

有明海に面した小長井駅に停車するJR九州の観光列車「ふたつ星4047」

「ふたつ星4047」1周年記念の出発式は、2023年9月23日(土・祝)の開催です。各駅で駅長あいさつ、フォトセッション、出発合図が行われます。

武雄温泉駅1番のりば
10時15分ごろから25分ごろまで。村子峰敏駅長、ご当地キャラクター(江北町「ビッキー」、鹿島市「かし丸」、太良町「つきみん」「ガネッタ」)が出席。
長崎駅3番のりば
14時45分ごろから14時55分ごろまで。萱嶋 創駅長、千綿駅の生花店「ミドリブ」飯塚 陽子さん、堤 彩子さん、下野 惠美子さんが出席。

記念デザイン手旗も用意

また「ふたつ星4047」公式ホームページから、そのオリジナル手旗のダウンロードが可能。また9月15日(金)ごろから、通常デザインにくわえて、運転開始1周年を記念したデザインの手旗もダウンロードできるようになるそうです。

JR九州は「ぜひ、停車駅や沿線などから【ふたつ星4047』に向かって手(手旗)を振って応援してください」としています。

おすすめ「観光列車」ツアー

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
観光列車から新幹線、寝台列車まで、お得&手軽に「鉄道の旅」を楽しめるツアーが多数。1名参加プラン限定プランもいろいろあります。
新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」のツアーが登場。「『36ぷらす3』『ふたつ星4047』西九州新幹線『かもめ』3つの列車でめぐる九州鉄道紀行 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。
観光列車なび