この記事は広告を掲載しています

「ゆふいんの森」混雑緩和にも 列車活用「当日ホテル配送サービス」開始

観光列車ニュース

身軽に列車旅を楽しめるよう

JR九州グループが2023年9月11日(月)、手ぶらで列車旅を楽しめる新サービスの実証実験について発表しました。

2021年より、新幹線や特急列車を活用した「列車荷物輸送サービス」を実施しているJR九州グループ。そこで今回、身軽に列車旅を楽しめるよう、出発駅で預かった手荷物を宿泊地のホテル、旅館まで当日中に届ける新サービスの実証実験を開始するといいます。

まずは、博多駅から大分県の由布院、別府方面へ旅行する人が対象。手荷物を博多駅中央改札前で8時30分から10時00分まで受け付け、特急「ソニック」とトラックで、当日の16時から18時ごろに由布院、別府市内のホテル、旅館へ届けます。

「列車荷物輸送サービス」イメージ(画像:JR九州)

「列車荷物輸送サービス」イメージ(画像:JR九州)

開始日は2023年9月14日(木)。基本的に毎日実施されます。預けられる手荷物は、縦、横、高さ3辺の合計が160サイズ以内で、20kg以内。料金は1個2500円です。なお受け付けは、特急列車へ搭載できる手荷物の上限に達し次第、終了されます。事前予約はできません。

JR九州グループはこの新サービスについて、「『ゆふいんの森』号などの混雑緩和に資するとともに、街なか手ぶら観光を提供」するとしており、今後、九州の列車旅がより充実したものになるよう、取り扱い駅拡大などの検討を進めていくそうです。

おすすめ「観光列車」ツアー

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
観光列車から新幹線、寝台列車まで、お得&手軽に「鉄道の旅」を楽しめるツアーが多数。1名参加プラン限定プランもいろいろあります。
新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」のツアーが登場。「『36ぷらす3』『ふたつ星4047』西九州新幹線『かもめ』3つの列車でめぐる九州鉄道紀行 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。
観光列車なび