この記事は広告を掲載しています

臨時快速「リゾートビュー白馬」年末年始に運転 信州の雄大な山並みを

観光列車ニュース

大糸線で臨時運転

JR東日本の観光列車「リゾートビューふるさと」の車両を使った臨時快速「リゾートビュー白馬」が、2023年度の年末年始に追加で運転されます。

運転区間は、大糸線の松本駅(長野県松本市)と白馬駅(長野県北安曇郡白馬村)のあいだ。

JR東日本長野支社によると、「年末年始の大糸線沿線へのご旅行や帰省に便利な快速列車を運転します。信州の雄大な山並みをご覧いただける大きな窓や、座席間隔の広いシートでゆったりとした車内を、ぜひくつろぎながらご利用ください」とのことです。

JR東日本の観光列車「リゾートビューふるさと」

JR東日本の観光列車「リゾートビューふるさと」

運転日・時刻表

臨時快速「リゾートビュー白馬」の運転日、時刻表は次の通りです。

快速「リゾートビュー白馬1号」白馬駅行き
松本駅9時48分発 → 白馬駅10時57分着
豊科、穂高、信濃大町駅に停車
全車普通車指定席
2023年12月:28日~31日運転
2024年01月:1日~3日運転
快速「リゾートビュー白馬3号」白馬駅行き
松本駅13時45分発 → 白馬駅15時01分着
豊科、穂高、信濃大町駅に停車
全車普通車指定席
快速「リゾートビュー白馬1号」白馬駅行きと同じ日に運転
快速「リゾートビュー白馬2号」松本駅行き
白馬駅11時44分発 → 松本駅13時20分着
信濃大町、穂高、豊科駅に停車
全車普通車指定席
快速「リゾートビュー白馬1号」白馬駅行きと同じ日に運転
快速「リゾートビュー白馬4号」松本駅行き
白馬駅15時35分発 → 松本駅17時13分着
信濃大町、穂高、豊科駅に停車
全車普通車指定席
快速「リゾートビュー白馬1号」白馬駅行きと同じ日に運転

予約方法・料金

臨時快速「リゾートビュー白馬」は2両編成で、座席はすべて普通車指定席。乗車には、乗車区間の運賃(乗車券)のほか、乗車1か月前の午前10時00分から発売される指定席券(840円)が必要です。

また「リゾートビュー白馬」は、「青春18きっぷ」と指定席券で乗車することもできます。

なお、通常の快速「リゾートビューふるさと」とは異なり、「リゾートビュー白馬」にはおもてなし担当のアテンダントが乗務しないほか、車内販売も行われません。

おすすめ「観光列車」ツアー

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
観光列車から新幹線、寝台列車まで、お得&手軽に「鉄道の旅」を楽しめるツアーが多数。1名参加プラン限定プランもいろいろあります。
新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」のツアーが登場。「『36ぷらす3』『ふたつ星4047』西九州新幹線『かもめ』3つの列車でめぐる九州鉄道紀行 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。
観光列車なび