この記事は広告を掲載しています

東北・北海道・北陸新幹線「グランクラス」2023年度冬メニューに

観光列車ニュース

和食と洋食を用意

東北・北海道新幹線、北陸新幹線の「グランクラス(飲料・軽食あり)」で提供されるリフレッシュメントが、2023年12月から冬メニューに変わりました。

洋食では「DEAN&DELUCA」プロデュースの「五感と素材の調和」、和食では日本料理「分とく山」総料理長、野﨑洋光氏監修の「燃ゆる冬」をコンセプトに、提供するといいます。

東北・北海道・北陸新幹線「グランクラス」2023年度冬メニュー(画像:JR東日本)

東北・北海道・北陸新幹線「グランクラス」2023年度冬メニュー(画像:JR東日本)

洋食(「DEAN&DELUCA」プロデュース)
冬に旬を迎える蓮根の食感を活かしたガレット、北海道産真鱈の旨みひろがるリゾット、彩り鮮やかなクネル、奥深い香りの青森県産りんごのフィナンシェなど、素材の持つ食感や香り、味わいを調和したセイボリーとスイーツ。
和食(日本料理「分とく山」総料理長、野﨑洋光氏監修)
冬茜のように燃ゆるこの季節。ご縁がきれぬことを願う、きらず(雪花菜)や見た目に鮮やかな紅白の重ね紅鮭、福寿を願う黒豆など、旅の良き出会いと多幸への願いを詰め込んで。

これら冬メニューは、2023年12月1日ごろから3月まで、東北・北海道新幹線、北陸新幹線のグランクラスアテンダントが乗車する全ての列車で提供されます。

なお、グランクラスでのリフレッシュメントの提供数には限りがあるほか、内容が変更になる場合もあるそうです。

おすすめ「観光列車」ツアー

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
観光列車から新幹線、寝台列車まで、お得&手軽に「鉄道の旅」を楽しめるツアーが多数。1名参加プラン限定プランもいろいろあります。
新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」のツアーが登場。「『36ぷらす3』『ふたつ星4047』西九州新幹線『かもめ』3つの列車でめぐる九州鉄道紀行 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。
観光列車なび