この記事は広告を掲載しています

函館の夜景を列車から「夜景列車2023」12月運転 道南いさりび鉄道

観光列車ニュース

函館と津軽海峡の夜景を

道南いさりび鉄道が、「夜景列車2023」を実施します。

列車内を暗くし、車窓にひろがる函館市街の「横夜景」、津軽海峡に浮かぶ「漁り火」「船の灯り」などを楽しもうというものです。

函館山を眺めながら走る道南いさりび鉄道

函館山を眺めながら走る道南いさりび鉄道

運転日・時刻表

「夜景列車2023」は、定期運行される普通列車1往復で実施。2両編成のうち、後部の車両で照明を暗くして、車窓から夜景を楽しめるようにします。

普通 木古内行き
函館駅17時44分発 → 木古内駅18時53分着
各駅に停車
全車自由席
2023年12月:17日~24日運転
普通 函館行き
木古内駅19時15分発 → 函館駅20時16分着
各駅に停車
全車自由席
2023年12月:17日~24日運転

車内の照明を暗くするのは、各列車とも上磯駅と木古内駅のあいだ、約40分間です。

なお、12月17日(日)から24日(日)までは、道南いさりび鉄道の渡島当別駅から徒歩およそ20分の場所にあるトラピスト修道院前の並木道で、ライトアップが行われます。

料金・予約方法

「夜景列車2023」は、全車自由席での運転。予約不要で乗車できます。

乗車に必要なきっぷは、乗車券(運賃)のみ。料金は、函館~木古内間の片道乗車で、大人1170円、子ども590円です。

五稜郭~木古内間が1日乗り降り自由のお得なきっぷ「いさりび1日きっぷ」大人1000円、子ども500円も、利用することができます(JR線に乗り入れる函館~五稜郭間利用の場合は、JRの運賃も必要)。

おすすめ「観光列車」ツアー

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
観光列車から新幹線、寝台列車まで、お得&手軽に「鉄道の旅」を楽しめるツアーが多数。1名参加プラン限定プランもいろいろあります。
新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」のツアーが登場。「『36ぷらす3』『ふたつ星4047』西九州新幹線『かもめ』3つの列車でめぐる九州鉄道紀行 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。
観光列車なび