この記事は広告を掲載しています

宴会文化「おきゃく」を体験「土佐のおきゃくのものがたり」2月開催

観光列車ニュース

車内・車外で土佐の特別な体験

JR四国が、観光列車「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」を使った特別ツアー「土佐のおきゃくのものがたり」を、2024年2月に開催します。

土佐の宴会文化「おきゃく」を体験できるツアーで、コンセプトは「より深く土佐の『食・酒・文化』を楽しむ」です。

「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」の全席対面レイアウトを営業運転で初めて実施するほか、高知ゆかりのMCが、ゲストによるトークや、車内外のイベントを「おきゃくレディオ」と称して紹介。「土佐のおきゃくの列車旅」を盛り上げるといいます。

「土佐のおきゃくのものがたり」(画像:JR四国)

「土佐のおきゃくのものがたり」(画像:JR四国)

また「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」車内では、司牡丹酒造の純米大吟醸原酒、冬季限定新酒を提供するほか、旬の素材をふんだんに使った特別料理を、食事提供施設の解説付きで味わうことが可能。

列車外でも、中土佐町の鰹ソムリエ店主による「大人のカツオ授業」、佐川町の司牡丹酒造「杜氏が案内する酒蔵見学」など、貴重で特別な体験を予定。高知の魅力に触れられるそうです。

開催日・コース

特別企画「土佐のおきゃくのものがたり」の開催日は、2024年2月3日(土)と10日(土)。2種類のコースが設定されています。両コースとも日帰り、高知駅発着です。

昼餐会コース
「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」へ高知駅から土佐久礼駅まで乗車し、中土佐町で「大人のカツオ授業」などの特別観光。
晩餐会コース
「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」へ窪川駅から高知駅まで乗車し、佐川町で「杜氏が案内する酒蔵見学」などの特別観光。
「土佐のおきゃくのものがたり」行程(画像:JR四国)

「土佐のおきゃくのものがたり」行程(画像:JR四国)

料金・申し込み方法

特別企画「土佐のおきゃくのものがたり」の旅行代金は、高知駅発着で2万2000円(大人、子ども同額)。「JR四国全線フリーきっぷ(1日間用)」を、3000円でつけることが可能です。

申し込みは、2023年12月8日(金)午前10時00分より、「JR四国ツアー」のホームページなどで行えます。

おすすめ「観光列車」ツアー

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
観光列車から新幹線、寝台列車まで、お得&手軽に「鉄道の旅」を楽しめるツアーが多数。1名参加プラン限定プランもいろいろあります。
新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」のツアーが登場。「『36ぷらす3』『ふたつ星4047』西九州新幹線『かもめ』3つの列車でめぐる九州鉄道紀行 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。
観光列車なび