この記事は広告を掲載しています

「いちごスペーシア」12月から運転開始 個室や座席もイチゴに

観光列車ニュース

「いちご王国」栃木をPR

東武鉄道が、「いちごスペーシア」の運転を開始します。

栃木県誕生150年を記念し、「いちご王国」栃木県をPRするため、特急「スペーシア」車両1編成のカラーリングを、イチゴをイメージした赤とピンクにするものです。

「いちごスペーシア」イメージ(画像:東武鉄道)

「いちごスペーシア」イメージ(画像:東武鉄道)

車内も、すべての個室、2号車と5号車の15(いちご)列目の座席が、イチゴの装飾で彩られます。なお、個室の1、3、5号室と座席のC、D席は緑色、個室の2、4、6号室と座席のA、B席は赤色での装飾です。

「いちごスペーシア」の運転開始は、2023年12月24日(日)。それから約3年間、東武スカイツリーライン、東武日光線、東武鬼怒川線で運転される予定です。また2024年6月ごろまで、1号車と6号車の側面に「栃木県誕生150年記念エンブレム」が掲出されます。

「いちごスペーシア」座席イメージ(画像:東武鉄道)

「いちごスペーシア」座席イメージ(画像:東武鉄道)

「いちごスペーシア」シートマップ(画像:東武鉄道)

「いちごスペーシア」シートマップ(画像:東武鉄道)

出発式を楽しめるツアーも開催

「いちごスペーシア」運転初日の12月24日(日)は、12時30分から東武日光駅構内(改札内)で出発式が開催されます。

東武日光駅長、地元の子どもたちとともに、ゆるキャラ「日光仮面」(日光市)、「ベリーちゃん」(鹿沼市)が出発を盛り上げるとのこと。また「いちごスペーシア」到着後、東武日光駅の駅員がデザインしたオリジナル缶バッジが、先着300名にプレゼントされます。

東武日光駅ではこの日、地元の名産品などを販売する「日光マルシェ」も、10時00分から14時00分まで開催される予定です。

また、「いちごスペーシア」に乗車して出発式などを楽しめる「一期一会 日帰りツアー」も、東武トップツアーズから発売されています。

おすすめ「観光列車」ツアー

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
観光列車から新幹線、寝台列車まで、お得&手軽に「鉄道の旅」を楽しめるツアーが多数。1名参加プラン限定プランもいろいろあります。
新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」のツアーが登場。「『36ぷらす3』『ふたつ星4047』西九州新幹線『かもめ』3つの列車でめぐる九州鉄道紀行 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。
観光列車なび