この記事は広告を掲載しています

「52席の至福」2024年1~3月期メニュー 秩父イチゴ 武州豚 深谷ネギなど

観光列車ニュース

ソムリエセレクトのお酒も提供

西武鉄道の観光列車「西武 旅するレストラン『52席の至福』」について、2024年1~3月期の料理メニューが発表されました。

プリンスホテル エグゼクティブシェフソムリエの市村義章氏が、それぞれの料理にあわせてセレクトしたお酒の提供も実施。西武鉄道は「『52席の至福』の美味しい料理と市村氏おすすめのペアリングを是非お楽しみください」としています。

観光列車「52席の至福」(画像:西武鉄道)

観光列車「52席の至福」(画像:西武鉄道)

ブランチコース

前菜
秩父の冬を慈しむ前菜3種
スープ
秩父野菜とスッポン団子の至福のスープ
メイン
武州豚スペアリブのベリー黒酢煮込み おこげを添えて
デザート
金木犀ジュレとココナッツアイス 秩父苺のソース
「52席の至福」2024年1~3月期ブランチコースメニュー(画像:西武鉄道)

「52席の至福」2024年1~3月期ブランチコースメニュー(画像:西武鉄道)

ディナーコース

前菜
秩父の冬を慈しむ前菜4種
メイン
牛頬肉の黒酢ベリー煮込み 秩父きのこを添えて
ご飯
至福のフカヒレと深谷ネギの白湯あんかけご飯
デザート
フキノトウアイス 横瀬和紅茶とココナッツ 秩父雑穀とともに
「52席の至福」2024年1~3月期ディナーコースメニュー(画像:西武鉄道)

「52席の至福」2024年1~3月期ディナーコースメニュー(画像:西武鉄道)

市村氏おすすめペアリング

オレンジワイン(白ワイン)「ULTERIOR NARANJA 2021(ウルテリオール ナランハ)」
ブドウの果皮を少し漬け込んで仕込むスペインの「オレンジ ワイン」。ドライマンゴーやドライアプリコット、生姜、ウーロン茶の茶葉のようなエキゾチックな香りが広がり、豊かな酸味と旨味が広がって、後半にかすかなタンニンが味わいを引き締める味わい。微かな白濁は、まさに旨味の素。ボトル5800円、グラス1200円。
赤ワイン「Luberon Grand Marrenon 2021(リュベロン グラン マレノン)」
ブラックベリーの香りに、ナツメグや丁字のスパイシーさと、かすかにバルサミコのニュアンス。凝縮した豊かな味わいに、黒酢とベリーの香りや味わいが相乗。南フランス、コートデュローヌの赤ワイン。ボトル4300円、グラス900円。
酒精強化ワイン「Marsala Fine Ambra Semisecco(マルサラ フィーネ アンブラ セミッコ)」
イタリアのシチリア島で造られるマディラ酒に似た、17%ほどのアルコール強化ワイン。ドライアプリコットやキャラメル、メープルシロップのような、まさに紹興酒のような香りや味わいが楽しめるワイン。ボトル4300円、グラス900円。

おすすめ「観光列車」ツアー

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
観光列車から新幹線、寝台列車まで、お得&手軽に「鉄道の旅」を楽しめるツアーが多数。1名参加プラン限定プランもいろいろあります。
新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」のツアーが登場。「『36ぷらす3』『ふたつ星4047』西九州新幹線『かもめ』3つの列車でめぐる九州鉄道紀行 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。
観光列車なび