この記事は広告を掲載しています

人気「スペーシア X」6往復へ増発 6か月前からの早期予約制度も導入

観光列車ニュース
東武鉄道の観光列車「スペーシア X」

東武鉄道の観光列車「スペーシア X」

2024年3月16日(土)のダイヤ改正にあわせて、東武鉄道の特急「スペーシア X」で増発、カフェカウンター優先案内の拡充、特別座席料金の改定が行われます。

また、特急「スペーシア X」のきっぷについて早期予約の制度が導入され、2023年12月18日(月)から受け付けが開始されることになりました。

増発

東武鉄道は2024年3月16日(土)のダイヤ改正で、特急「スペーシア X」車両を新たに2編成導入。現在は最大1日4往復の特急「スペーシア X」が、毎日6往復の運転になります。

浅草~東武日光間が1日4往復、浅草~鬼怒川温泉間が1日2往復の運転です。

東武鉄道の観光列車「スペーシア X」

東武鉄道の観光列車「スペーシア X」

カフェカウンター優先案内の拡充

特急「スペーシア X」1号車のカフェカウンターで行われている優先案内は、現在、コックピットラウンジの乗客が対象です。

これが2024年3月16日(土)のダイヤ改正にあわせて、6号車のコックピットスイート、コンパーメントの乗客も、同様に優先案内の対象になります。

観光列車「スペーシア X」カフェカウンター(画像:東武鉄道)

観光列車「スペーシア X」カフェカウンター(画像:東武鉄道)

特別座席料金の改定

2024年3月16日(土)のダイヤ改正にあわせて、特急「スペーシア X」の一部の特別座席で、料金が改定されます。

コックピットスイート(定員7名)が1万2180円から1万8000円に、コンパートメント(定員4名)が6040円から8000円に、コックピットラウンジの1人用が200円から500円、2人用が400円から1000円、4人用が800円から2000円になります。

これ以外の座席について、料金の変更はありません。

観光列車「スペーシア X」コックピットスイート(画像:東武鉄道)

観光列車「スペーシア X」コックピットスイート(画像:東武鉄道)

早期予約の受け付け

2023年7月15日の運行開始以来、大変好評という特急「スペーシア X」。多くの人にその特別座席を使ってもらう機会を提供するため、特別座席の早期予約を新たに開始するといいます。

早期予約の申し込みは、乗車日の6か月前から1か月前の前日まで、東武トップツアーズ、近畿日本ツーリスト、日本旅行など、東武鉄道の特急券を取り扱う旅行会社で行えます。2023年12月18日(月)より受け付け開始です。

特急「スペーシア」新型車両N100系の「コンパートメント」(東武鉄道ニュースリリースより)

特急「スペーシア」新型車両N100系の「コンパートメント」(東武鉄道ニュースリリースより)

事前予約加算料金

「スペーシア X」の早期予約では、別に事前予約加算料金が必要になります。

事前予約加算料金は、人数分の特別座席料金の半額と、スタンダードシート料金(大人121km以上乗車の料金)の半額を、合算した額です。

2024年3月15日(金)乗車分までの事前予約加算料金
コックピットスイート6090円、コンパートメント3020円、コックピットラウンジの1人用100円、2人用200円、4人用400円、ボックスシート200円と、スタンダードシート970円の合算
2024年3月16日(土)乗車分からの事前予約加算料金
コックピットスイート9000円、コンパートメント4000円、コックピットラウンジの1人用250円、2人用500円、4人用1000円、ボックスシート200円と、スタンダードシート970円の合算

早期予約は、2名以上での申し込みが必要です(コックピットラウンジ1人用は1名で可)。なお事前予約加算料金は、予約解約時には全額払い戻しになります。

おすすめ「観光列車」ツアー

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
観光列車から新幹線、寝台列車まで、お得&手軽に「鉄道の旅」を楽しめるツアーが多数。1名参加プラン限定プランもいろいろあります。
新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」のツアーが登場。「『36ぷらす3』『ふたつ星4047』西九州新幹線『かもめ』3つの列車でめぐる九州鉄道紀行 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。
観光列車なび