この記事は広告を掲載しています

新鹿沼駅から「SL大樹」初運転 「いちごSL大樹ふたら」1月運転

観光列車ニュース
東武鉄道の観光列車「SL大樹」

東武鉄道の観光列車「SL大樹」

東武鉄道の観光列車「SL大樹」が初めて、東武日光線の新鹿沼駅(栃木県日光市)から運転されます。

栃木県の誕生150年、鹿沼市の市制75周年を記念し、実施されるものです。

2024年1月14日(日)に、「いちご王国・栃木県」のなかでもイチゴ生産の歴史が古い鹿沼市の新鹿沼駅を「いちごカラー」に装飾し、鹿沼市内各駅の駅名看板をイチゴ仕様に変更。そして新鹿沼駅から東武日光駅(栃木県日光市)まで、「いちごSL大樹ふたら」を運転するといいます。

運転日・時刻表

東武鉄道の観光列車「いちごSL大樹ふたら」の運転日、時刻表は次の通りです。

「いちごSL大樹ふたら」東武日光駅行き
新鹿沼 13:12発 → 下今市 13:58着/14:50発 → 東武日光 15:13着
ツアー専用列車(団体列車)として運転
2024年01月:14日(日)運転

新鹿沼駅では12時50分ごろから、「いちごSL大樹ふたら」の出発式が開催されます。

「いちごカラー」に装飾した新鹿沼駅、「いちごSL大樹」のイメージ(画像:東武鉄道)

「いちごカラー」に装飾した新鹿沼駅、「いちごSL大樹」のイメージ(画像:東武鉄道)

料金・予約方法

「いちごSL大樹ふたら」へ乗車するには、東武トップツアーズが発売する「『いちごSL大樹ふたら』新鹿沼駅発・東武日光駅行き初運行&いちご尽くし!ツアー」へ申し込みする必要があります。

同ツアーのポイントは次の通りです。

  • 浅草駅から新鹿沼駅まで「いちごスペーシア」に乗車。
  • イチゴで装飾された新鹿沼駅の記念撮影。
  • 「駅前いちごマルシェ」で、イチゴをはじめとした特産物、スタンプラリーを満喫。
  • 新鹿沼駅から東武日光駅まで、「いちごSL大樹ふたら」に乗車。
  • 「いちごSL大樹ふたら」オリジナルスープカップ、記念乗車証付き。
  • 「いちごSL大樹ふたら」とコラボしたお菓子、特製缶バッチ付き。
  • 車内でイチゴ関連オリジナルグッズを販売。

旅行代金は、浅草駅発で大人9000円、子ども8000円。新鹿沼駅発で大人7000円、子ども6500円。浅草駅発は44名、新鹿沼駅発は68名の募集です。

申し込みは、東武トップツアーズのホームページ、対象店舗で行えます。

おすすめ「観光列車」ツアー

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
観光列車から新幹線、寝台列車まで、お得&手軽に「鉄道の旅」を楽しめるツアーが多数。1名参加プラン限定プランもいろいろあります。
新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」のツアーが登場。「『36ぷらす3』『ふたつ星4047』西九州新幹線『かもめ』3つの列車でめぐる九州鉄道紀行 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。
観光列車なび