この記事は広告を掲載しています

JR九州の観光列車で「NFT」無料配付 期間限定でスタート

観光列車ニュース
D&S列車で無料配付されるNFT(画像:JR九州)

D&S列車で無料配付されるNFT(画像:JR九州)

JR九州のD&S列車(観光列車)で、NFTの無料配付が期間限定で始まります。

「NFT」とは、「偽造不可な鑑定書、所有証明書付きのデジタルデータ」。JR九州は、このNFTの活用によって利用者と多様な接点を築くこと、新しい価値や九州の楽しみ方を提案することを目指す「JR九州NFT」プロジェクトを展開しています。

今回の観光列車でのNFT無料配付は、「実際の利用」に対する「記念」「証明」となるサービスとして、開始するといいます。「NFTに対し“難しそう”というイメージをお持ちのお客さまも、この機会にぜひお気軽にNFTをご体験ください」とのことです。

実施概要

観光列車でのNFT無料配付は、2023年12月23日(土)から2024年2月29日(木)の対象列車運行日。「SL人吉」のみ、最終運行日である2024年3月23日(土)まで実施されます。

対象列車は、「ゆふいんの森」(キハ71系、キハ72系)、「A列車で行こう」「SL人吉」「かわせみ やませみ」「あそぼーい!」「ふたつ星4047」「指宿のたまて箱」「海幸山幸」の8列車9種類です。

NFTの取得は、これら対象列車内に設置されたNFT取得用のポスターへ、スマートフォンをかざすことで行えます。

NFTを取得できるのは、対象の観光列車のきっぷを持っている人のみ。期間中に同じ観光列車で取得できるNFTは、1ウォレットにつき1枚です。その対象列車へ乗車中にだけ、取得できます。

なお、これら9種類すべてのNFTを集めると、コンプリート特典として「スペシャルNFT」がプレゼントされるそうです。

おすすめ「観光列車」ツアー

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
観光列車から新幹線、寝台列車まで、お得&手軽に「鉄道の旅」を楽しめるツアーが多数。1名参加プラン限定プランもいろいろあります。
新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」のツアーが登場。「『36ぷらす3』『ふたつ星4047』西九州新幹線『かもめ』3つの列車でめぐる九州鉄道紀行 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。
観光列車なび