この記事は広告を掲載しています

「ほくそう新春ビール列車」1月運転 通勤電車で非日常 ミニライブも

観光列車ニュース
「ほくそう新春ビール列車」(画像:北総鉄道)

「ほくそう新春ビール列車」(画像:北総鉄道)

北総鉄道で、「ほくそう新春ビール列車」が運転されます。

2023年9月に実施し、好評だったという「ほくそうビール列車」の第2弾。ビアホールに変身した通勤電車へ乗車し、トンネル、掘割構造、高架などレパートリーに富んだ北総線の車窓を楽しみながらビールを味わうという、「非日常空間」が体験できる内容といいます。

運転日・時刻表

「ほくそう新春ビール列車」の運転日は、2024年1月27日(土)。北総鉄道の矢切駅(千葉県松戸市)発着での実施です。

「ほくそう新春ビール列車」は、矢切駅を12時20分に発車し、印旛日本医大駅で折り返して、矢切駅へ14時36分ごろに到着。途中の小室駅(千葉県船橋市)、印西牧の原駅(千葉県印西市)では、お手洗い休憩があります。

また小室駅では、船橋市ご当地アイドルグループ「船橋ひまわり娘」によるミニライブを実施。「ご当地アイドル」×「鉄道」を掛け合わせたイベントを開催することで、沿線地域を盛り上げるとともに、活性化を目指すそうです。

「船橋ひまわり娘」(画像:北総鉄道)

「船橋ひまわり娘」(画像:北総鉄道)

料金・予約方法

「ほくそう新春ビール列車」の旅行代金は、1名7000円(20歳未満は6000円)。「サッポロ生ビール黒ラベル」「缶酎ハイ」「ソフトドリンク」が飲み放題、おつまみセット付き、持ち込み自由です。

申し込みは、「ディスカバリーほくそう」のホームページから行えます。

おすすめ「観光列車」ツアー

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
観光列車から新幹線、寝台列車まで、お得&手軽に「鉄道の旅」を楽しめるツアーが多数。1名参加プラン限定プランもいろいろあります。
新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」のツアーが登場。「『36ぷらす3』『ふたつ星4047』西九州新幹線『かもめ』3つの列車でめぐる九州鉄道紀行 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。
観光列車なび