この記事は広告を掲載しています

前年比146% コロナ前ごえも「リゾートしらかみ」年末年始の利用状況

観光列車ニュース
JR東日本の観光列車「リゾートしらかみ」橅(ブナ)編成

JR東日本の観光列車「リゾートしらかみ」橅(ブナ)編成

JR東日本の観光列車「リゾートしらかみ」について、2023年度の年末年始期間における利用状況が発表されました。

対象の期間は、2023年12月28日(木)から2024年1月4日(木)までの8日間です。

上り列車の利用が多く

2023年度の年末年始期間、観光列車「リゾートしらかみ」は合計で2.3千人が利用。2022年度比では146%、コロナ前の2018年度比では93%の利用状況になっています。

このうち、下り列車(青森・弘前駅行き)の「リゾートしらかみ」は、2023年度が1.1千人の利用で、2022年度比149%、2018年度比85%という結果です。

対し、上り列車(秋田駅行き)の「リゾートしらかみ」は、2023年度が1.2千人の利用で、2022年度比143%、2018年度比101%という結果になっています。

2023年度の年末年始期間における「リゾートしらかみ」利用状況(画像:JR東日本)

2023年度の年末年始期間における「リゾートしらかみ」利用状況(画像:JR東日本)

なお、2023年度と2022年度の年末年始期間は、秋田駅行きの上り列車のほうが利用が多くなりましたが、2018年度は青森駅行きの下り列車のほうが、利用が多い結果でした。

JR東日本の秋田支社は、「期間中のご利用状況については、2018年度の水準には及ばないものの、緩やかな回復基調が継続しています」としています。

おすすめ「観光列車」ツアー

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
観光列車から新幹線、寝台列車まで、お得&手軽に「鉄道の旅」を楽しめるツアーが多数。1名参加プラン限定プランもいろいろあります。
新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」のツアーが登場。「『36ぷらす3』『ふたつ星4047』西九州新幹線『かもめ』3つの列車でめぐる九州鉄道紀行 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。
観光列車なび