この記事は広告を掲載しています

竹久夢二に思いはせ「SL・ELぐんま伊香保」2月運転 渋川駅でイベントも

観光列車ニュース
観光列車「SLぐんま」旧型客車の車内(画像:JR東日本)

観光列車「SLぐんま」旧型客車の車内(画像:JR東日本)

JR東日本の高崎支社が、観光列車「SLぐんま伊香保」「ELぐんま伊香保」の運転について、詳細を発表しました。

「伊香保」の名称が入る初めての運行で、ヘッドマークには伊香保にゆかりのある竹久夢二作品をデザイン。渋川駅(群馬県渋川市)では当日、家族連れや鉄道ファンがSLに親しめるイベントを開催するといいます。

運転日・時刻表

観光列車「SLぐんま伊香保」「ELぐんま伊香保」は、2024年2月17日(土)に、高崎~渋川間で2往復の運転です。

C61形蒸気機関車20号機と電気機関車が、旧型客車を挟む編成で運転されます。

快速「SLぐんま伊香保1号」渋川駅行き
高崎 9:56発 → 新前橋 10:10着/15発 → 渋川 10:35着
快速「SLぐんま伊香保3号」渋川駅行き
高崎 14:10発 → 新前橋 14:24着/29発 → 渋川 14:50着
快速「ELぐんま伊香保2号」高崎駅行き
渋川 11:28発 → 新前橋 11:53着/12:02発 → 高崎 12:16着
快速「ELぐんま伊香保4号」高崎駅行き
渋川 15:15発 → 新前橋 15:38着/50発 → 高崎 16:04着

「SLぐんま伊香保」「ELぐんま伊香保」は、全車指定席での運転です。指定席券は、2024年1月17日(水)午前10時00分より発売されます。

観光列車「SLぐんま」に使われるC61形とD51形

観光列車「SLぐんま」に使われるC61形とD51形

竹久夢二ヘッドマーク

美人画で一世を風靡した「大正ロマン」を代表する画家、竹久夢二は、1919年(大正8年)に初めて伊香保、榛名を訪問。以来、伊香保の気候、風土、人情に心を寄せ、たびたび伊香保を訪問していたといいます。

そこで今回、観光列車「SLぐんま伊香保」「ELぐんま伊香保」で、竹久夢二作品をヘッドマークとして掲出するそうです。

観光列車「SL・ELぐんま伊香保」ヘッドマーク(画像:JR東日本)

観光列車「SL・ELぐんま伊香保」ヘッドマーク(画像:JR東日本)

ヘッドマークには、竹久夢二の代表作である「黒船屋」(竹久夢二伊香保記念館所蔵)を採用し、客車内にも「榛名山賦(はるなさんふ)」や子どもたちを描いた「子供絵」というジャンルの作品複製画を展示。美人画だけではない竹久夢二の魅力を、客車内でも楽しめるといいます。

ちなみに、渋川駅から路線バスで約25分の場所に、竹久夢二伊香保記念館があります。

渋川駅 nin dakari

観光列車「SLぐんま伊香保」「ELぐんま伊香保」の運転当日、子どもからシニアまで誰もが楽しめるという地域伴走型イベント「渋川駅 nin dakari」が開催されます。

地元の飲食店によるキッチンカー、JR東日本による入鋏体験、駅長制服着用体験、塗り絵体験、渋川市によるこけし絵付け体験、射的体験などが楽しめるそうです。

鉄道体験販売

今回の観光列車「SLぐんま伊香保」「ELぐんま伊香保」運転にあわせて、その撮影や、旧型客車オハニ36荷物室への乗車体験などを楽しめるプランが、「JRE MALL 高崎支社店」で、2024年1月19日(金)より販売されます。

おすすめ「観光列車」ツアー

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
観光列車から新幹線、寝台列車まで、お得&手軽に「鉄道の旅」を楽しめるツアーが多数。1名参加プラン限定プランもいろいろあります。
新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」のツアーが登場。「『36ぷらす3』『ふたつ星4047』西九州新幹線『かもめ』3つの列車でめぐる九州鉄道紀行 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。
観光列車なび