この記事は広告を掲載しています

観光列車「つどい」ポップなデザインにリニューアル 撮影会も開催

観光列車ニュース
観光列車「つどい」の新しいロゴと正面イメージ(画像:近鉄)

観光列車「つどい」の新しいロゴと正面イメージ(画像:近鉄)

サイクルトレイン、ビール列車などのイベント列車として運転されている、近鉄の観光列車「つどい」。2024年2月に、そのデザインが新しくなります。

また、そのリニューアルを記念した撮影会も開催されます。

リニューアル概要

観光列車「つどい」の新たなデザインは、車両名称「つどい」の由来でもある「自然と人が集まりワイワイにぎやかに楽しんでいただく」というテーマに沿った、ポップで明るいもの。「いろいろな人たちが様々な用途で『つどい』に集まってくる」ように願いを込めて、デザインしたそうです。

外観は、「イエローグリーン」をメインカラーとし、自然や温泉、自転車、ビールなどのイメージサインを各車両に散りばめて、ポップなデザインにするとのこと。

車内装飾は、カーペットやテーブルカラーなど、全体的に明るい雰囲気へイメージチェンジされます。

観光列車「つどい」の新しい外観イメージ(画像:近鉄)

観光列車「つどい」の新しい外観イメージ(画像:近鉄)

撮影会概要

観光列車「つどい」のリニューアルを記念し、2024年2月25日(日)、「団体専用列車『あおぞらⅡ』で行く New Design『つどい』撮影会」ツアーが開催されます。

団体専用列車「あおぞらII」を使い、近鉄名古屋駅発着、大阪上本町駅発着で実施。青山町車庫(三重県伊賀市)で、リニューアルされた「つどい」の撮影会を楽しみます。

料金は、近鉄名古屋駅発着が1万5740円、大阪上本町駅発着が1万5000円。参加記念品代などを含みます。

申し込みは、近鉄のホームページなどから可能。各コースとも80名の募集です。

おすすめ「観光列車」ツアー

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
観光列車から新幹線、寝台列車まで、お得&手軽に「鉄道の旅」を楽しめるツアーが多数。1名参加プラン限定プランもいろいろあります。
新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」のツアーが登場。「『36ぷらす3』『ふたつ星4047』西九州新幹線『かもめ』3つの列車でめぐる九州鉄道紀行 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。
観光列車なび