この記事は広告を掲載しています

まもなく「流氷物語号」運転開始!駅や車内でイベント・おもてなし実施

観光列車ニュース
北浜駅に停車中の観光列車「流氷物語号」

北浜駅に停車中の観光列車「流氷物語号」

まもなく2024年の運転が始まる、JR北海道の観光列車「流氷物語号」。あわせて実施されるイベントの内容を、JR北海道が発表しました。

「オホーツク海の絶景が広がる『流氷物語号』への皆様のご乗車をお待ちしております!」とのことです。ちなみに網走市では、2024年1月22日(月)に「流氷接岸初日」が観測されています。

イベント内容

「流氷物語号」出発式
2024年1月27日(土)、9時30分ごろから網走駅2、3番線ホームで開催。「流氷バタラ」による乗務員への花束贈呈、ご当地キャラクター「ニポネ」によるお見送りなど。
「オホーツク流氷の日」イベント
2024年2月18日(日)、「流氷物語号」2号の到着から3号の発車まで、網走駅2、3番線ホームで開催。北海道オホーツク振興局、網走市職員による歓迎、ノベルティの配布。
運行最終日イベント
2024年3月3日(日)、「流氷物語号」2号の到着から3号の発車まで、網走駅2、3番線ホームで開催。ご当地キャラクター「つくつくオホーツクん」「ニポネ」による歓迎、ノベルティの配布。
浜小清水駅でのお出迎え・お見送り
2024年1月27日(土)と、「流氷物語号」運転期間中の毎週水曜日、「流氷物語2号」の発着にあわせて銘菓「ほがじゃ」の提供などを実施。
車内でのおもてなし
「流氷物語号」車内で、観光ボランティアによる沿線案内、グッズなどの車内販売を実施。流氷観光を記念した「ラゲッジタグ」「ステッカー」プレゼントも。
「流氷物語号」×『オホーツク消ゆ』コラボ企画
網走駅と知床斜里駅へのパネル設置、車内でのBGM放送などを実施。

おすすめ「観光列車」ツアー

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
観光列車から新幹線、寝台列車まで、お得&手軽に「鉄道の旅」を楽しめるツアーが多数。1名参加プラン限定プランもいろいろあります。
新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」のツアーが登場。「『36ぷらす3』『ふたつ星4047』西九州新幹線『かもめ』3つの列車でめぐる九州鉄道紀行 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。
観光列車なび