この記事は広告を掲載しています

「ひなび下北デビュー号」3月運転 大湊線で「ひなび(陽旅)」初運行

観光列車ニュース
JR東日本の観光列車「ひなび(陽旅)」(画像:JR東日本)

JR東日本の観光列車「ひなび(陽旅)」(画像:JR東日本)

2023年12月に登場したJR東日本の新しい観光列車「ひなび(陽旅)」が、大湊線で初めて運行されます。

「下北ならでは」の特別体験を盛り込み、地域の魅力を感じられる内容になっているそうです。

運転日・時刻表

大湊線を初めて走る「ひなび下北デビュー号」は、2024年3月23日(土)に1往復が運転されます(往路は下北駅まで)。

「ひなび下北デビュー号」下北駅行き
八戸 10:50発 → 下北 12:34着
ツアー専用列車(団体列車)として運転
2024年03月:23日(土)運転
「ひなび下北デビュー号」八戸駅行き
大湊 15:59発 → 八戸 17:53着
ツアー専用列車(団体列車)として運転
2024年03月:23日(土)運転

料金・予約方法

「ひなび下北デビュー号」は、ツアー専用列車(団体列車)としての運転。乗車するには、ツアーの購入が必要になります。

グリーン車指定席を利用する「『ひなび(陽旅)』で行く下北半島 美人の湯『斗南温泉』と冬の味覚あんこうを堪能」ツアーは、東京駅発着で大人4万8000円、子ども3万7000円、八戸駅発着で大人2万8000円、子ども2万5000円です。

普通車指定席を利用する「『ひなび(陽旅)』で行く下北半島 専門ガイド同行で北の防人大湊エリアを散策」ツアーは、東京駅発着で大人4万6000円、子ども3万1000円、八戸駅発着で大人2万3000円、子ども1万9000円です。

ツアーは、いずれも日帰りでの開催。2024年2月1日(木)13時00分より、JR東日本びゅうツーリズム&セールス「日本の旅、鉄道の旅」ホームページで申し込みできます。

おすすめ「観光列車」ツアー

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
観光列車から新幹線、寝台列車まで、お得&手軽に「鉄道の旅」を楽しめるツアーが多数。1名参加プラン限定プランもいろいろあります。
新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」のツアーが登場。「『36ぷらす3』『ふたつ星4047』西九州新幹線『かもめ』3つの列車でめぐる九州鉄道紀行 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。
観光列車なび