この記事は広告を掲載しています

のと鉄道 2月に一部区間 4月に全区間で運転再開へ 能登半島地震で被災

観光列車ニュース
のと鉄道の観光列車「のと里山里海号」

のと鉄道の観光列車「のと里山里海号」

元日の令和6年能登半島地震により大きな被害を受け、全区間で運転を見合わせているのと鉄道。その今後について、発表がありました。

線路を保有するJR西日本(第三種鉄道事業者)と、その線路を使って列車を運行しているのと鉄道(第二種鉄道事業者)が引き続き連携し、関係機関とも調整しながら、一日も早い運転再開を目指すそうです。

運転再開の見通し

運転が取りやめられている区間のうち、七尾駅(石川県七尾市)から能登中島駅(同)までは、2024年2月15日(木)から運転を再開する見込みとのこと。

そして能登中島駅から穴水駅(石川県鳳珠郡穴水町)までは、2024年4月中の運転再開を目指し、復旧工事を進めていくそうです。

なお、のと鉄道の観光列車「のと里山里海号」、またJR西日本の観光列車「花嫁のれん」については、当面のあいだ運転休止となっています。

おすすめ「観光列車」ツアー

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
観光列車から新幹線、寝台列車まで、お得&手軽に「鉄道の旅」を楽しめるツアーが多数。1名参加プラン限定プランもいろいろあります。
新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」のツアーが登場。「『36ぷらす3』『ふたつ星4047』西九州新幹線『かもめ』3つの列車でめぐる九州鉄道紀行 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。
観光列車なび