この記事は広告を掲載しています

偕楽園の梅にあわせ「梅薫るいばらき梅酒トレイン」3月運転

観光列車ニュース
JR東日本の観光列車「E501 SAKIGAKE」(画像:JR東日本)

JR東日本の観光列車「E501 SAKIGAKE」(画像:JR東日本)

JR東日本の水戸支社が観光列車「E501 SAKIGAKE」を使い、「梅薫るいばらき梅酒トレイン」を運転します。

偕楽園(茨城県水戸市)の梅の見ごろにあわせ、茨城県内のおすすめの梅酒と茨城の食をテーマに、初めての運転される列車です。

車内では茨城県産の梅酒の飲み比べを楽しめるほか、蔵元との交流イベントや、乗務員による楽器の生演奏、茨城の味覚を盛り込んだ特製おつまみ弁当も味わえるといいます。

運転日・時刻表

「梅薫るいばらき梅酒トレイン」は、2024年3月9日(土)に2コースで運転されます。

「梅薫るいばらき梅酒トレイン」結城駅発~勝田駅着コース
結城 10:03ごろ発 → 偕楽園 11:36ごろ着 → 水戸 11:42ごろ着 → 勝田 11:51ごろ着
ツアー専用列車(団体列車)として運転
2024年03月:9日(土)運転
偕楽園、水戸駅では降車のみ可能
「梅薫るいばらき梅酒トレイン」偕楽園駅発~土浦駅着コース
偕楽園 14:14ごろ発 → 水戸 14:21ごろ発 → 勝田 14:39ごろ発 → 土浦 16:05ごろ着
ツアー専用列車(団体列車)として運転
2024年03月:9日(土)運転
水戸、勝田駅では乗車のみ可能
「梅薫るいばらき梅酒トレイン」で提供する梅酒(画像:JR東日本)

「梅薫るいばらき梅酒トレイン」で提供する梅酒(画像:JR東日本)

料金・予約方法

「梅薫るいばらき梅酒トレイン」の料金は、各コースとも5500円(税込み)。お酒、特製おつまみ弁当などを含みます。

申し込みは、JR東日本のインターネットショッピングモール「JRE MALL 水戸支社店」で、2024年2月5日(月)12時30分より行えます。

申し込みできるのは20歳以上で、各コース80名の募集です。

おすすめ「観光列車」ツアー

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
観光列車から新幹線、寝台列車まで、お得&手軽に「鉄道の旅」を楽しめるツアーが多数。1名参加プラン限定プランもいろいろあります。
新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」のツアーが登場。「『36ぷらす3』『ふたつ星4047』西九州新幹線『かもめ』3つの列車でめぐる九州鉄道紀行 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。
観光列車なび