この記事は広告を掲載しています

会津鉄道「お座トロ展望列車」でJR東日本只見線ツアー実施

観光列車ニュース

会津鉄道の観光列車をJR只見線で

会津鉄道が2021年12月11日(土)と18日(土)、「お座トロ展望列車で行く!只見線の旅」ツアーを実施します。

会津鉄道の観光列車「お座トロ展望列車」

会津鉄道の観光列車「お座トロ展望列車」

通常は会津鉄道線内をメインに走らせている観光列車「お座トロ展望列車」を、JR東日本の只見線会津川口駅方面へ運転するもの。

会津若松駅を10時15分に出発し、会津川口駅でフリータイムを楽しんだあと、会津若松駅へ15時07分に戻ってきます。

旅行代金は、1ボックス6000円(定員2名)から。会津鉄道会津田島駅の名物「さとやま弁当」を、別途1000円で申し込むことも可能です。

11月1日(月)の10時から申込みできます。

おすすめ「観光列車」ツアー

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
観光列車から新幹線、寝台列車まで、お得&手軽に「鉄道の旅」を楽しめるツアーが多数。1名参加プラン限定プランもいろいろあります。
新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」のツアーが登場。「『36ぷらす3』『ふたつ星4047』西九州新幹線『かもめ』3つの列車でめぐる九州鉄道紀行 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。
観光列車なび