この記事は広告を掲載しています

豊橋鉄道「おでんしゃ」運行決定!路面電車で特製おでんと生ビール

観光列車ニュース

15周年を迎える「おでんしゃ」

豊橋鉄道が2021年11月18日(木)、「おでんしゃ」について発表しました。

走る路面電車の車内で、おでんとお酒を楽しもうというもの。今年で15周年になります。

豊橋鉄道「おでんしゃ」パンフレット(豊橋鉄道ニュースリリースより)

豊橋鉄道「おでんしゃ」パンフレット(豊橋鉄道ニュースリリースより)

  • 2021年12月10日(金)から2022年1月30日(日)まで、1日1便を運行(年末年始を除く)。
  • 休日は昼間、平日と土曜日は夜の運行。
  • 「同居家族」か「いつもいる4人」のグループで申込みが可能。
  • 車内では、豊橋名産ヤマサちくわ特製おでんが用意され、アサヒビール「スーパードライ」生ビールが飲み放題。缶チューハイ・緑茶等(数量限定)もあり。渥美フーズおつまみ弁当付き。
  • 飲物、おつまみの持込み自由。

料金は、1グループ(最大4名)あたり1万8000円。11月27日(土)の9時30分から、電話で予約の受付が開始されます。

おすすめ「観光列車」ツアー

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
観光列車から新幹線、寝台列車まで、お得&手軽に「鉄道の旅」を楽しめるツアーが多数。1名参加プラン限定プランもいろいろあります。
新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」のツアーが登場。「『36ぷらす3』『ふたつ星4047』西九州新幹線『かもめ』3つの列車でめぐる九州鉄道紀行 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。
観光列車なび