この記事は広告を掲載しています

「雪中ほろ酔い とれいゆ号」ツアー発売 山形の地酒や軽食を提供

観光列車ニュース

車内で日本酒の解説も実施

JR東日本が2021年12月16日(木)、引退が迫る「とれいゆ つばさ」で山形の名物を楽しむ旅行商品「雪中ほろ酔い とれいゆ号」について発表しました。

JR東日本の観光列車「とれいゆ つばさ」

JR東日本の観光列車「とれいゆ つばさ」

コースは、山形駅を15時24分に出発し、新庄駅(山形県新庄市)で折り返したのち、山形駅へ19時08分に戻るもの。車内では、山形の地酒や軽食を提供するほか、山形県酒造組合による各日本酒の解説も行うといいます。

旅行代金は、大人1万2800円。出発日は2022年2月13日(日)、23日(水・祝)で、2021年12月22日(水)の16時に、びゅうトラベルサービスで発売開始予定です。

山形県内に勤務するJR東日本社員が考案した旅行商品だそうです。

おすすめ「観光列車」ツアー

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
観光列車から新幹線、寝台列車まで、お得&手軽に「鉄道の旅」を楽しめるツアーが多数。1名参加プラン限定プランもいろいろあります。
新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」のツアーが登場。「『36ぷらす3』『ふたつ星4047』西九州新幹線『かもめ』3つの列車でめぐる九州鉄道紀行 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。
観光列車なび