秩父鉄道「SLパレオエクスプレス」車両基地で運転台乗車体験など開催

走っているSLの運転台に乗車

秩父鉄道が2021年11月4日(木)、「SL特別企画★蒸気機関車運転台乗車体験」について発表しました。

広瀬川原車両基地で、観光列車「SLパレオエクスプレス」に関する特別な鉄道体験ができるもので、実際に火が入れられたSLの運転台での乗車体験などが楽しめます。

有火状態のSL運転台イメージ(秩父鉄道ニュースリリースより)

有火状態のSL運転台イメージ(秩父鉄道ニュースリリースより)

  • 11月24日(水)、12月1日(水)、16日(木)、17日(金)の午前と午後に1回ずつ開催。
  • 有火状態でSLの運転台助士席に乗車し、広瀬川原車両基地内を走行(約140m)。
  • 間近で機関士の作業を見学可能。機関士による解説、機関士との記念撮影もOK。
  • SL転車台の操作室見学も可能。

参加料金は1グループ(4名まで)6万円。特典として、非売品の「SLオリジナルキャップ」「SLクリアファイル」などがプレゼントされます。

申込みは、11月5日(金)の10時から順次、受け付けられます。