JR東日本「リゾートビュー諏訪湖」でおもてなし実施 温泉たまごも

上諏訪駅でプレゼント

JR東日本が2021年11月8日(月)、観光列車「リゾートビュー諏訪湖」の運転と、おもてなしについて発表しました。

JR東日本の観光列車「リゾートビューふるさと」

JR東日本の観光列車「リゾートビューふるさと」

観光列車「リゾートビュー諏訪湖」は、観光列車「リゾートビューふるさと」の車両を使った臨時快速列車として、長野~富士見間で運転されます。

  • 12月11日(土)、12月12日(日)、1月15日(土)、16日(日)に1日1往復の運転。
  • 沿線自治体の賞品が当たる「『リゾートビュー諏訪湖』沿線クロスワードパズル」を車内で実施。
  • 西条~明科間、みどり湖~岡谷間のトンネル内で、乗っている車両(HB-E300系)に関する動画の上映会。
  • 車内販売購入者へオリジナルグッズをプレゼント。
  • 上諏訪駅で「木遣り」を披露。
  • 上諏訪駅で下車すると「上諏訪駅温泉たまごセット(生卵、たれ等)」がプレゼントされ、駅で温泉たまごづくりを楽しむことが可能。
  • 上諏訪駅で下車すると、「上諏訪駅オリジナル缶バッジ」をプレゼント。
  • 富士見駅で「駅長アルクマ」と記念撮影。

観光列車「リゾートビュー諏訪湖」には、乗車券と指定席券(大人530円、子ども260円)で乗車可能です。