JR東日本「とれいゆ つばさ」運行終了へ 車内に足湯

山形新幹線の観光列車

JR東日本が2021年10月19日(火)、観光列車「とれいゆ つばさ」について、2022年春で運転を終了すると発表しました。

JR東日本の観光列車「とれいゆ つばさ」

JR東日本の観光列車「とれいゆ つばさ」

車内に足湯があるのが大きな特長の観光列車で、2014年7月の登場以来、これまでのべ約6万5000人が利用したとのこと。

運行終了まで、限定グッズの販売、イベントの実施などを計画しているそうです。