「SL冬の湿原号」蒸気機関車の部品が破損 しばらくDLけん引に

蒸気が漏れて運行できない状態

JR北海道が2022年1月19日(水)、観光列車「SL冬の湿原号」の機関車変更について発表しました。

1月15日(土)、「SL冬の湿原号」で使用してるC11形蒸気機関車171号機が試験運転に向かおうとしたところ、不規則な排気音が発生。ただちに運転を中止し、調査したところ、蒸気を動力に変える蒸気室のピストン内部品(ピストンリング)が破損しており、これによって蒸気が漏れ、運行できない状態になっていたそうです。

この部品は先日、C11形171号機の検査(全般検査)を行った際、新たに製作して交換したもので、修繕に時間を要するといいます(破損した部品を新たに製作)。

JR北海道の観光列車「SL冬の湿原号」

JR北海道の観光列車「SL冬の湿原号」

このため「SL冬の湿原号」は1月22日(土)、23日(日)、28日(金)~30日(日)、ディーゼル機関車(DL)けん引での運転です。また2月以降については、指定席券の発売が見合わせられます。

これにともない、ディーゼル機関車けん引になる列車の指定席券は、料金を530円に変更。指定席券の発売は、指定席券売機や「えきねっと」では中止になり、「みどりの窓口」のみになります。

機関車変更を理由にきっぷを払い戻す場合、手数料は不要です。また、購入済みの指定席券(1680円)で乗車する場合、旅行終了後に差額が払い戻されます。

ディーゼル機関車けん引になっても、車内サービスに変更はないそうです。