JR九州の新観光列車「ふたつ星4047」どんな列車に?ビュフェあります

列車の運転日、時刻、内容は、災害などで変更の場合があります。乗車の際は、鉄道会社の公式ホームページなどで情報をご確認ください。

西九州新幹線開業にあわせて登場

JR九州が2021年11月26日(金)、新たな観光列車「ふたつ星4047」の外観デザインなどについて発表しました。

新たな観光列車「ふたつ星4047」は、2022年秋の西九州新幹線開業にあわせてデビュー予定。佐賀県と長崎県内(武雄温泉~長崎)での運転で、コンセプトは「西九州の海めぐり列車」です。

JR九州の観光列車「ふたつ星4047」外観イメージ(JR九州ニュースリリースより)

JR九州の観光列車「ふたつ星4047」外観イメージ(JR九州ニュースリリースより)

外観は、「ふたつ星4047」のコンセプトである「西九州の海めぐり列車」として、有明海、大村湾の水面に映える「パールメタリック」を基調としたデザイン。車体の随所にあしらった金色のロゴとラインが、西九州の美しい自然に映えるようデザインしたといいます。

JR九州の観光列車「ふたつ星4047」ロゴ(JR九州ニュースリリースより)

JR九州の観光列車「ふたつ星4047」ロゴ(JR九州ニュースリリースより)

ロゴマークは、佐賀県、長崎県という、九州の観光の「スター」が並び立つ様子をイメージ。そして、この「ふたつの星」が九州の観光をリードし、九州を元気にしていく様子をイメージしているそうです。

JR九州の観光列車「ふたつ星4047」の「ビュフェ・ラウンジ車」イメージ(JR九州ニュースリリースより)

JR九州の観光列車「ふたつ星4047」の「ビュフェ・ラウンジ車」イメージ(JR九州ニュースリリースより)

「ふたつ星4047」は3両編成で、全車指定席の特急列車として運転。2両目に、共用スペースや販売カウンターを配置した「ビュフェ・ラウンジ車」が連結され、客室乗務員による沿線の軽食、飲料、スイーツなどの販売が予定されています。

なお、JR九州の豪華寝台列車「ななつ星in九州」などを手がけた水戸岡鋭治さんが、トータルデザインマネージメントをしています。

おすすめツアー(旅行商品)

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
観光列車から新幹線、寝台列車まで、お得&手軽に「鉄道の旅」を楽しめるツアーが多数。1名参加プラン限定プランもいろいろあります。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

新観光列車「SAKU美SAKU楽」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「SAKU美SAKU楽」「あをによし」のツアーが登場。「『SAKU美SAKU楽』『サンライズ瀬戸』『アート列車』で巡る瀬戸内 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。
観光列車ニュース
観光列車なび