JR九州の観光列車「はやとの風」運転終了 黒から白に変化し新天地へ

「はやとの風」運転再開がある?

JR九州が2021年11月26日(金)、観光列車「はやとの風」の運転終了について発表しました。

JR九州の観光列車「はやとの風」

JR九州の観光列車「はやとの風」

「はやとの風」の車両を使って、外観デザインを黒基調から白基調へ変更するなどし、2022年秋の西九州新幹線開業にあわせて、新たな観光列車「ふたつ星4047」を運行するためです。

鹿児島県内の吉松~鹿児島中央間で運転されている観光列車「はやとの風」は現在、「当面のあいだ運休」となっており、走っていません。

JR九州の観光列車「ふたつ星4047」外観イメージ(JR九州ニュースリリースより)

JR九州の観光列車「ふたつ星4047」外観イメージ(JR九州ニュースリリースより)

ただ今回の発表では、「はやとの風」は「2021年度内で運転を終了」とされているため、再び吉松~鹿児島中央間で「はやとの風」が運転される機会がある、のでしょうか。

なお、新しい観光列車「ふたつ星4047」には、「はやとの風」のほか、「いさぶろう・しんぺい」の予備車両も使用されます。今回、「いさぶろう・しんぺい」の運転終了は告知されていません。