「伊予灘ものがたり」ラストラン後に瀬戸大橋を渡って京都で特別展示

入館券とグッズのセットも販売

JR四国が2021年12月23日(木)、京都鉄道博物館での観光列車「伊予灘ものがたり」特別展示について発表しました。

JR四国の観光列車「伊予灘ものがたり」(JR四国ニュースリリースより)

JR四国の観光列車「伊予灘ものがたり」(JR四国ニュースリリースより)

2021年12月27日(月)にラストランを迎える、「伊予灘ものがたり」の現在の車両(キハ40系)。それを2022年1月21日(金)から3月22日(火)まで、館内の線路が営業線とつながっている京都鉄道博物館で、特別展示するものです。

あわせて、キハ40系「伊予灘ものがたり」のラストランで使用されたヘッドマーク2種類と、その車内で配布されていたコースターをモチーフにした合計3種類のマグネットと、京都鉄道博物館入館券のセットも発売されます。

京都鉄道博物館の入館券とセットで発売されるマグネットセット(JR四国ニュースリリースより)

京都鉄道博物館の入館券とセットで発売されるマグネットセット(JR四国ニュースリリースより)

セットは2022年1月20日(木)の16時30分から、予約サイト「アソビュー!」で販売開始。限定280枚で、価格は一般2400円です。