JR四国「伊予灘ものがたり」新車両の詳細発表 定員8人の個室

より充実した観光列車に

JR四国が2021年10月18日(月)、観光列車「伊予灘ものがたり」の新しい車両について、発表しました。

JR四国の新しい観光列車「伊予灘ものがたり」外観イメージ(JR四国公式サイトより引用)

JR四国の新しい観光列車「伊予灘ものがたり」外観イメージ(JR四国公式サイトより引用)

基本的に現在の観光列車「伊予灘ものがたり」の形を継承しつつ、設備の充実などが図られます。詳細は次の通りです。

  • これまでのキハ40系2両編成から、キハ185系3両編成に。
  • 3号車にグリーン個室「ラグジュアリールーム」新設。定員8名で1室2万8000円。
  • 2号車の海向き展望シートの一部を「ペアシート」に。
  • 普通列車扱いから、特急列車に変更。
JR四国の新しい観光列車「伊予灘ものがたり」内装イメージ(JR四国公式サイトより引用)

JR四国の新しい観光列車「伊予灘ものがたり」内装イメージ(JR四国公式サイトより引用)

JR四国の新しい観光列車「伊予灘ものがたり」内装イメージ(JR四国公式サイトより引用)

JR四国の新しい観光列車「伊予灘ものがたり」内装イメージ(JR四国公式サイトより引用)

新しい車両は、2022年春にデビューする予定です。